business carrier articles new carrier business opportunities finance carrier deposit money carrier making art loan carrier deposits make carrier your home good income carrier outcome issue medicine carrier drugs market carrier money trends self carrier roof repairing market carrier online secure carrier skin tools wedding carrier jewellery newspaper carrier for magazine geo carrier places business carrier design Car carrier and Jips production carrier business ladies carrier cosmetics sector sport carrier and fat burn vat carrier insurance price fitness carrier program furniture carrier at home which carrier insurance firms new carrier devoloping technology healthy carrier nutrition dress carrier up company carrier income insurance carrier and life dream carrier home create carrier new business individual carrier loan form cooking carrier ingredients which carrier firms is good choosing carrier most efficient business comment carrier on goods technology carrier business secret carrier of business company carrier redirects credits carrier in business guide carrier for business cheap carrier insurance tips selling carrier abroad protein carrier diets improve carrier your home security carrier importance

2008年4月29日

V2-dayとペトロニッラ組織

V2-day_operaio.jpg
ビデオを見る

 V2-day は大成功に終わった。イタリア国内、外国の約 500の広場 に人が集まり、1日で1.300.000 の署名が集まった。12万人が立ったままで6時間、夏のような暑さの下で経済学者、環境保護団体、工員、数学者、ベッペ・グリッロの話を聞いた。V2-dayは大成功だった。特に情報のリレーションのためにすばらしいことだった。 情報の沈黙、テレビニュースではローマのペトロニッラ組織について3分も放映したのにV2-dayについては1秒たりとも触れなかった情報の喜劇性のためにも。カリフォルニアの白ザメについては5分なのに、国民投票を支持する200万人の市民については1秒たりとも。
 専制主義の情報は V2-dayの最良のスポンサーであった。 下からのアングルで私を撮影したものは、集まった群衆を撮影しないためであった。それはヨハネ・パオロ二世のポーランド初訪問の際に、同国の共産主義独裁政権で使われたのと同じテクニックである。数百万人が集まっていたが、空の群集に向かって話しているように見えた。
 諸君、その場に君たちがいなかったら、私は当惑しただろう、一人ぼっちで。 頭がおかしいのは私だろうかと考えはじめたかもしれない。一人の政治家が国営テレビ局3曲を独占するのは正しいことだろうか、国際行政機関は、イタリアでは情報は完全に自由でないと考えられている、議会には70 人の有罪者、時効者、起訴を受けた人がいる。そう、頭がおかしいのは私で、この晴天の4月25日に広場にあつまった君たちもそうなんだろう

V2-day_piazza_San_Carlo.jpg
Piazza San Carlo Torino, 25 aprile

Siamo pazzi di libertà. Grazie, ancora grazie, passerei le ore a gridarvi grazie dalla finestra. So che mi sentite.

V2-day, 25 aprile, per un'informazione libera:
1. Inserisci le tue foto su www.flickr.com con il tag V2-day
2. Inserisci tuoi video su www.youtube.com con il tag V2-day
3. Sostieni il V2 day
V-day.jpg
4. Scarica il volantino del V2-day
V2-day_Di_Pietro.jpg
ビデオを見る
 

。。。から出した。 Beppe Grillo 09:09 in 嘆きの壁| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月28日

真実のウィルス

V2-day_Travaglio.jpg
 ビデオを見る

 トリノ120.000人が集まった。その場にいた人は、それをもちろん知っているが、ネット上でも知ることができる。世界中の重要なテレビ局、BBC からアル・ジャジーラも集まった。イタリアで何が起こっているのかを、彼らが語ってくれるだろう。情報のファシズムについて、彼らが書いてくれるだろう。
 200万人以上がV2 day に参加した。9月8日の集まりの時の倍の人数が屋台に集まった。集まった署名の数は450,000 。これは前代未聞の出来事だ。今までにたった一日でこれほど多くの署名を集めた人は誰もいない。新聞やテレビで情報を探さないで、ネットで探してほしい。
 善いジャーナリストと悪いジャーナリストがいるのではなく、専制主義的情報か、真実の情報か、ということなのだ。君たちはジャーナリストだ。君たちがベッペ・グリッロだ。この4月25日の写真、ビデオをネット上に、君たちのブログ、Youtubeに公表してほしい。
ありがとう、ありがとう、ありがとう。君たちはすばらしい。
彼らはあきらめないだろうが、僕たちもあきらめない。
新しいルネッサンスのために。

。。。から出した。 Beppe Grillo 21:52 in 情報| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

情報のファシズム

Gasparri_Riotta.jpg
ビデオを見る

 今日(4月24日)のレプッブリカ  にV2 dayのことが書いてある。このデ・ベネデッティの新聞には、「4月25日を V2-day の開催日に選んだのは、レジスタンス運動への『挑発的行為』であり『ジェノヴァ生まれのコメディアンの呼びかけに集まった人たちは、いたるところでイタリア解放記念のために集まった人々とぶつかるであろう』とある。
 この言葉は、まったくばかげている。 むしろV2 day解放の継続であって、この記念日に従う人と対立しようとなどは思っていない。パルチザン、工員、4月25日の自由人たちは我々の同胞である。
 4月25日は空タイヤのような中身のないインテリ左派の所有物ではない。
 労働者と情報の自由をアルコレ(ベルルスコーニの私邸)のレンズ豆料理でごまかされて売り渡した政党の所有物ではない。 自由な国を欲している全てのイタリア人の祝日である。イタリアは再び解放されるべきだ。この国はかつての民主主義国家である。 他の言葉で言えば 情報が権力グループの手に握られている国と呼べる。シルヴィオ・ベルルスコーニは3局のテレビ局とモンダドーリ出版社を指揮して首相になる。前者は逃亡したクラクシ(元首相)から贈られ、後者は裁判官の贈賄で手に入れたものだ。
 4月25日は彼に投票した銀行家や工員、ベルルスコーニが免責特権を保証した議員たちや両院制度、憲法改正委員会、新選挙法を望み、とにかく公的な場所でみだらな行為をした議員たちの祝日ではない。
 V2 Dayは情報を正当な所有者、つまりイタリア国民に返すことを望んでいる。我々の父、祖父たちはイタリアを一掃したが、まだその仕事は終わっていない。
 新ファシズム情報を握っている。 新しいファシストたちは情報をコントロールする人たちである。
 国民投票の申請運動に署名を。ジャーナリスト名簿の廃止/出版社への年間10億ユーロの政府資金の廃止/ガスパッリ郵政法と党ーメディアセットのテレビ局支配の廃止。

自由な国家における情報の自由 - V2-day. 4月25日

。。。から出した。 Beppe Grillo 08:25 in 政治| 解説 (1)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月23日

政治声明 n. 9

Grillo_Villa.jpg

 もうすぐ国のテレビ局7局を1人の人物が支配するようになる。7局目は今と同様、フランチャイジングとして残るだろうが。国民の声は次期首相のものである(とベルルスコーニは言った) 。一般市民にとっては、何も変わらないだろうけれど。というのも情報はすでに以前から独裁であったし、今後もそのままなのだろう。ただし、それは均一的に行われて、フェーデ(民間局の報道局長)とリオッタ(国営局の報道局長)の間に見られた、ほとんど目立たないが当惑するような比較の問題は示されなくなるだろうということだ。ただ一つの声と多くの耳。ポルト・ロトンドで奏でられるアピチェッラ(ベルルスコーニのお気に入りの歌手)のギターと奴隷ジャーナリスト100人。マルキアーロの月とミラノのマドンニーナ(大聖堂の頂にある黄金のマリア像、ミラノの象徴)。モンタネッリとビアージ(両者とも著名なベルルスコーニを批判したジャーナリスト)は墓石の下。イタリアはまるでかごの中のカナリアか。自由が恐ろしいのだろう、ボルセッリーノの死に関する真実を知らないことに慣れているのだから。皆、Italicus、フォンターナ広場のテロ、ジェノヴァのG8、ごみ焼却場についての真実を知らないでいる。何度も首相をしたアンドレオッティは、マフィア容疑の裁判で時効だったのであり、無罪になったのではない、が何としてでも無罪だと信じたいのだろう。イタリアのテレビは、新議会に善人が集まると想像し、彼らが有罪者や起訴中の人たちではないと思っているのだろう。情報をコントロールする人が勝ち、受ける人は負ける。バーチャルな世界が現実となり、犯罪者が上院、下院議員になるのだ。それは全て真実であると同時にうそである。大きな声で叫んだ人が勝つのだ。4月25日、我々はナチ、ファシストから解放されたが、その63年後の今、情報のファシズムから自分たちを解放しなければならない。それはあの頃よりもずっと難しい。鉄砲に対する鉄砲、戦車に対する手榴弾を我々は持っていない。戦いは眠ってしまっている意識対「考える自由」、「飛びたくない人」対「空をあきらめられない人」の戦いである。4月25日に国を変えることができるだろう。いや、我々の子供のため、我々の意識のために変えなければならない。情報の自由に割引はできない。「自由国家の情報の自由」のための3つの国民投票はムッソリーニが作ったジャーナリスト組合の廃止。出版社に対する年間10億ユーロの国からの融資の廃止。ガスパッリ法(郵政法)と党ーMedeiaset(まもなくMediaset-Mediasetになるだろう)の二極化の廃止である。イタリア全国の400市で署名を集め、外国10の都市でイタリアにおけるメディア支配の情報を知らせる。音楽、自転車、パーティ、平和の印。これほどのひどい状況の後に、新しいルネッサンスがイタリアに必要だ。 4月25日ベッペ・グリッロはトリノのSan Carlo広場 でNon Stopを行う。15時から22時まで。 トリノに希望の言葉、多くの自由な声が集まるのを願っている。がんばろう!

 

 

。。。から出した。 Beppe Grillo 18:38 in 政治| 解説 (1)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月21日

バイオ燃料と餓死

V2-day_Don_Gallo.jpg
ビデオを見る

 小麦、米、大豆の値段が上昇している。 バイオ燃料 を生産する企業の株価が上昇している。畑ではパンの代わりにエタノールを生産し、食料は人間のエネルギーではなく機械用のエネルギーを作ることになった。機械にも食べさせなくてはならないから、世界の貧しい民は空腹に耐えなければならない。

biofuel_cereali.jpg
食料の価格の上昇とバイオディーゼルの生産量の上昇グラフ (出所 FT)

 バイオ燃料はエネルギー会社にとって株式の余剰を生み出し、食料不足は一方、餓死を引き起こす。餓死者のいない世界はエコロジーな世界であろう。発展途上国の重い足かせなしに発展する世界。人口の減少はGDP増加のために必要である。食料を必要とする人を減らし、みんなにもっとエネルギーを。パン一揆とかまどへの殺到は最近再流行している。貧民は黙ったままで死にたくない。彼らは例のノーグローバル運動家たちである。
 多くの国が農産物の輸出制限を課した。アルゼンチン、エジプト、ウクライナなど。隣の芝生が緑なら、そのままにしておけばよい。30 カ国で穀物価格の上昇で暴動が起こった。通常、需要と供給は同じ動向を示すが、穀物の場合はちがう。過去数年、需要は8%増加し、価格は50%上昇した。これこそ餓死のグローバル化だ。バイオディーゼルの価格を百姓には知らせない。知っていたら、もっと高い値段で売るだろう。知らなければ、多国籍企業が畑を買うのだ。
 貧しい国々食料としての穀物を輸入する。それらの生産の一部がエネルギー多国籍大企業に経営管理されたら、飢えの値段は株式市場とともに上昇する。世界が回りまわって、地が落ち、 関税率が上がり、飢えが広がり、株価は急上昇し、皆が地に落ちるのだ。

V2-day, 4月25日 情報の自由のために:
1. V2-dayのタグをつけて君の写真を www.flickr.com に挿入する
2. V2-dayのタグをつけて君のビデオを www.youtube.com に挿入する
3.  V2 dayを応援する

。。。から出した。 Beppe Grillo 20:41 in 情報| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月18日

政治声明 n.8


beppe_che.jpg

 存在しない政党 これがその数字だ。下院: イタリア人有権者数: 47.126.326人 のうち36.452.305票が有効で、棄権、白票、無効票の数は 10.674.021、全体の22.6%にあたる。上院: イタリア人有権者数:43.133.946人のうち32.771.227が有効で、棄権、白票、無効票の数は 10.362.719、全体の24%にあたる。2006年の選挙に比較して2.109.734票が上院で減少した。ほぼイタリア人4人に1人が憲法違反の選挙法に反対を唱えたことになる。その数は第3の党となる。90年代後半にイデオロジーの終焉を見たが、今日政党の終焉を目のあたりにする。徐々に枯れて落ちていく秋のプラタナスの落ち葉のように、なくなっていくのである。ゆっくりとしかし確実に飛び去っていく。共産党、社会党、急進党(合併)、キリスト教民主党、緑の党、国民同盟(合併)。点呼に返事する政党は少なくなった。PDは選挙のたびにアイデンティティーを変えカモフラージュして、選挙民の散弾を受けないようにしている。肉と魚、チーズと米、豆のスープと亀のスープ。ごった煮である。ワーテルローだ。 その他の政党は存在しない。全部党首の顔で代表する。カルタジローネの夫(カジーニ)とベルルスコーニ、ボッシとディ・ピエトロ、党首にあわせた政党である。将来私たちに残されているのはHighlanderのみ。ひとつだけしか、残らないか、または多分なくなってしまうだろう。ブログの市民リストは広がっている。市議会は今のところトレヴィーゾとローマ。ソニア・アルファノは、シチリア州議会選で、宣伝もなく、公的選挙資金もなく、テレビもなく、新聞もなく、誠実さで、地道に選挙民を訪ね、インターネットを使って成功を収めている。407の市が「自由な国の情報の自由」の国民投票に賛同している。
V2 Day. V2 Day. 4月25日。

。。。から出した。 Beppe Grillo 18:46 in 政治| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月17日

戻ってきた議員たち

V2_day_lupo.jpg
ビデオを見る

 有罪議員時効議員、取調べ中の議員、被告議員、起訴された議員(*) で今回の選挙で国会議員として再選されたのは70人候補者は100だったが、われわれがこの70人に投票したわけではない。彼らはあらかじめ政党の事務局によって選抜されていたのである。 党の門番によって、裁判所や刑務所の出口でスカウトされたのだ。

その70人の政党別内訳は以下の通り

- PDL 45人 (候補者 56人中)
- PD 13人 (候補者 18人)
- Lega Nord 7人 ( 候補者8人)
- UDC - Rosa Bianca 5人 (候補者 9)

 2007年9月8日、国民150万人が広場に集まり、35万人が国会浄化の国民の法律3つに署名した。
 それで何かしら得るものがあったが、実際は取るに足らないものだった。有罪確定者の人数は24人から16人に減少したが、 一審、二審で有罪判決を受けた議員数は増加した。例えばUDC党のクッファロは議員免責特権で身を守ることができる。時効者と取調べ中議員の数は変わらない。前者は判決が期限より遅れ、その間に人生を謳歌し、後者には判決は決して下らないだろう。
 主要政党はこの候補者選びでも際立っていた。この場合もベルルスコーニはヴェルトローニを馬鹿にしていた。3 対1で圧倒した。.
 この有罪議員70人は情報の不足で選出されたようなものだ。つまり投票用紙にはこれら有罪者の名前が書かれていなかったからである。私は、候補者の氏名のほかに、市民が自分の好きな前科者を選ぶことができるよう、刑事犯罪証明書も記載してくれと要望したが、それは聞き入れてもらえなかった。

 V2 dayでは犯罪者議員のおさらいをするつもりである。彼らのことを忘れるわけにはいかない。

 自由な国家に情報の自由を。

V2 day - V2 day - 2008年4月25日

(*) 出典: “Se li conosci li eviti” di Marco Travaglio e Peter Gomez

V2-day, 4月25日、情報の自由のために
1. www.flickr.com   V2-dayのタグで 自分の写真を挿入する
2. www.youtube.com  V2-dayのタグでビデオを挿入する
3. Sostieni il V2 day

。。。から出した。 Beppe Grillo 23:04 in 政治| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

Fabullo

Fabullo.jpg

  ファブッロ はオーリオ・カナヴェーゼの3歳の男児、重症の心臓病を持って生まれた。2度の手術で命をつないだ。二度目の手術の後脳の血液不足.で寝たきりになってしまった。それから16ヶ月がたち、今痙攣性四肢麻痺にもかかわらず反応し頭を動かすことが出来るようになった。だが体を動かして座ったり寝返りをうつことはできない。
 ファブッロは、適切な治療で普通の体に戻れるかもしれないが治療にはお金がかかる。 お金は子供とその家族の幸せに大きく貢献できる。ファブッロは Therapies4kids (フロリダ) のビフルコ医師の治療を受けて、家族に希望を与えた。最初の3ヶ月の治療のコスト120.000ドル。その治療を受けるため10月17日に母親と現地に向かう。
 募金をしてファブッロを助けよう:
送金の詳細と募金について
 ファブッロは一人ぼっちではない、イタリアでは治療ができず外国へ治療しにいく子供は多い。人々の暖かい心の募金で希望をつなぐ旅の話は何度も聞く。
 国はどこに? われわれの税金は何の役に立つのだろう。われわれの子供を救えないとしたら?120.000 ドルは政治家の 給料である。無駄な国イタリアは、見捨てられた人のイタリアでもある。
 ファブッロを助けて、走れるようにさせてやりたい。また連絡します。
ファブッロのブログ

。。。から出した。 Beppe Grillo 22:33 in 健康・医学| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月14日

100人、これ以上はもういらない

addio_Borsellino.jpg

ビデオを見る
 トラヴァリオ(Travaglio)ゴメツ(Gomez) が議会に選出されると予想される前科のある(有罪、時効、取調べをうけたり送検されたことのある)国会議員候補者のリスト を私に送ってきた。いや、もう党事務局によって選出された議員のリストである。ニューエントリーも含む合計100人Berlusconiの党は 56人、 Veltroniの党は 18人も。
 フィンランド、米国など他の国では、一人でも候補者に立てればその選挙では勝てないはずだが、この国では全部反対である。選挙に勝つために犯罪人が必要で、それがマフィアの票、ロビーの票、脱税者の票をもたらすのである。あるいは、単純に、候補擁立は黙秘の代償であるかもしれない。イタリアはマッキャベッリの地である。目的のために手段は選ばない。得票のために有罪人は正当化される。 罪の確定した有罪人、時効犯はその行いが表彰されるのである。第一審、第二審で有罪の人は議員免責が受けられる。
 議会は罪を逃れられる場所である。法が及ばない場所である。L'Italia dei Valoriは唯一潔癖な党である。アントニオ・ディ・ピエトロはベルルスコーニの kriptonite のようなもので、月曜日にこの100人は議会に座るであろう。上院下院議員として。彼らは高額の給与を受け取り、わずか2年ちょっとで年金受給資格が得られる。彼らの名前を書きとめておいて欲しい。彼らにも我々国民は給与を払っているのであるから。

 

党ごとの有罪、時効、取調べ中、送検中の議員数(*):

- PDL 56
- PD 18
- UDC - Rosa Bianca 9
- Lega Nord 8
- Partito Socialista 3
- Sinistra Arcobaleno 3
- La Destra 2
- Aborto No Grazie 1
- Italia dei Valori 0

犯罪に関連している候補者のリスト 情報をシェアーするのは義務であろう。

 

(*) 出所: “If you know them then you avoid them” by Marco Travaglio and Peter Gomezから

。。。から出した。 Beppe Grillo 21:36 in 嘆きの壁| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月13日

上院2008年

Vespa_Berlusconi.jpg
ビデオを見る

 あらかじめ選出が予想される上院議員 の名前を見てください。多かれ少なかれ今までの見慣れた顔、カステッリからカルデローリ、ボニーノからファッシーノの妻(7期連続)セラフィーニ、フォッリーニからシルカナ、ディーニからペーラ まで。同じ顔だ。アメリカを上院議会に見つけたのだ、マーシャルプランの資金は我々が払うのに。いつまでも辞めないやつらだ。上院は彼らのclub Medだ。
 上院議員のリストを見て、実際の結果と比較してください。大部分の名前が合っていれば、それは我々を馬鹿にしているということだ。投票しないのが一番有効な票だ。.

 各党が獲得する議員数の予測は以下のとおり。

- Sinistra Arcobaleno 14
- PD 126
- Italia dei Valori 6
- SVP 3
- UDC 3
- PDL 146
- Lega Nord 12
- MPA 3
- Autonomie Liberté Democrazie 1
- Associazione italiana Sud America 1

この数に終生上院議員7人を加える。

2008年上院議員を見て、ダウンロードする

。。。から出した。 Beppe Grillo 22:01 in 政治| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月11日

下院2008年

V2-day_Campobasso.jpg
ビデオを見る

 開票される前に、下院議員を紹介する。4月13,14日は候補者を選ぶことはできない。憲法違反の選挙法で、話をつけて自分たちの間だけで互いを選びあうのだ。 この選挙法はひどいものだが、国民全員のものである。中道右派が作ったが、中道左派はこの2年間の政権中に破棄しなかったし、大統領はこの選挙法に関する国民投票の前に選挙を命じた。有権者はただバツをつけるだけだ。 これは民主主義ではない。その真似事でさえない。国の占拠を権力グループが行っているのだ。つまり自分たちを自分たちで選び、議会に愛人、妻、有罪犯罪人、時効になった犯罪人、取調べ中、起訴された人までを送り込む。
 この表を読んで、選挙結果と比べてほしい。もし大部分の氏名が一致しているなら、つまり馬鹿にされたといいうことである。投票しないのが一番有効な票である。

下記のように下院議席は配分されるだろう。

- Sinistra Arcobaleno 43
- PD 180
- Italia dei Valori 20
- SVP 3
- UDC 32
- PDL 293
- Lega Nord 41
- MPA 6

外国で選出された12議員は含まれていない。

下院議員名簿 2008を読む

Ps: 近いうち上院議員の名前裁判中のすべての候補者の名前をあげる予定。100

。。。から出した。 Beppe Grillo 23:19 in 政治| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

最悪ほどでもない

meno_peggio.jpg

ビデオを見る

 「最悪ほどでもない」、は「最悪」の息子である。その子供である。最悪がなければ最悪ほどでもない、は存在しない。最悪はイタリアの基準点であり、方向付けに必要である。イタリアは最悪よりも良いものを常に目指す、最悪ほどでもない、ならいいではないか。歯医者も新聞もテレビも最悪ほどでもないものを選び、最悪でもない社会のために働く、最悪ではない党に投票する、最悪ではない病院で手術してもらう、最悪ではないレストランで食事する、最悪ではない道路を車で走り、最悪でない電話会社を使い、最悪でないく空気を吸い、最悪でない住宅に住み、最悪でない公証人を使い、最悪でない葬儀屋で最悪でもない墓に葬ってもらう。
 最悪は最悪ほどではないの最も良いアリバイである。 最悪よりも、最悪ほどではないの方が常に勝っている。Alitaliaよりもよい、ベルルスコーニ、テレコムイタリア、RAIよりもいい、は誰でもできる。ダレーマに投票する人、Air Oneの飛行機にのる人、Rete 4を見る人、 Windの携帯電話を使う人のほうがいい? でも… 、どうして「最悪」と「最悪ほどでもない」のなかから選らばなければならない?なぜ?私は最悪でもない人生なんていやだ。普通の生活がいい、いやすばらしい,最高の生活の方がいい。多分無理だろう、でも試してみる義務がある。
 最悪ほどでもない、という考えのために、私たちは「減刑、有罪議員、ゴミ焼却工場、カンパーニア州のチェルノブイリ、マステッラ法務大臣、16300億ユーロの財政赤字 、ヨーロッパで最低の経済成長率、不安定就労、情報の制限、違憲の選挙法をつかまされてしまった。フォルレーオ判事、デ・マジストリス検事犯罪人のように扱われ、これらはすべて最悪ではないの子供である。「最悪」と「最悪ほどではない」は シャム双生児 のように生まれたときからくっついている。片方が死ねば、もう片方もすぐにその後を追う。
 ベルルスコーニの最良の選挙民はD’Alema、Violante、Fassino、LaTorre と ヴェルトローニの左派で、投票した人たちだ、新リーダーは、政府の連合を組む党を無視して彼と一緒に新選挙法を作ろうと提案している。PDの最良の選挙民はベルルスコーニである。彼なしに、どのように自分の存在を正当化できたというのだろう。15年来「最悪」が戦いの相手であった。15年間も継続してイタリアを落とし込み、最悪に対抗する決意がなされなかった。だたそれ以外に何が望めただろう。最悪か最悪ほどでもない、という具合に常に最悪にむかってきたのである

。。。から出した。 Beppe Grillo 22:44 in 嘆きの壁| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月 9日

PDuequadro

liste_cloni.jpg
ビデオを見る

 ローマ裁判所は、国政選挙において私の名前とイメージの使用禁止を言い渡した。選挙用のリストが権利なく適当ではないと判断するからということだ。リストには「いかなる形式においてもベッペ・グリッロの名前とイメージのいかなる使用も停止しなければならない。そして、それぞれのシンボルのリストが行う政治活動とこの人物との関連性を直接間接を問わず言及してはならない」。判決の詳細はこちら
 判決に引用されているリストは"Amici di Beppe Grillo(ベッペ・グリッロの友だち)"、 "No Euro - Lista del Grillo(ユーロ反対、グリッロのリスト)"、"Movimento ultima speranza - Grilli d'Italia(最後の希望、イタリアのグリッロ)"、"Forza Grillo(がんばれグリッロ)"、 "Lista Grilli Parlanti(グリッロ・パルランティのリスト)" そして"Grilli d'Italia(イタリアのグリッロ)"である。
 今回の総選挙は、候補者も政策も選ぶことができない憲法違反であり、ヴェルルスコーニ(ヴェルトローニとベルルスコーニどちらでも同じこと)の政府を擁立のためだけの口実にすぎない。互いに話がついているのは目に見えている。マローニ法第30号は両方のリーダーが必要とし、ガスパッリ法も同様、利権問題もしかり、個人利益のための法律も同じ。
 この選挙法は、民主主義を接収し、ヴェルルスコーニ(ヴェルトローニとベルルスコーニどちらでも同じこと)を首相にしようとしている。中道左派はこの選挙法を変更するのに2年の時間があったにもかかわらず、何もしなかった。有罪議員のクッファロデッルートリが再選されるばかりでなく、カッラ、クリサフッリ、ダレーマ、ファッシーノ(4期目)とその妻セラフィーニ(5期目)も。証人として不定就労者の候補も挙げているが、また実業家も候補に入れている。非の打ち所のない候補者だけではなく、前科者も入っている。選挙の後、ヴェルルスコーニはレーガ党アントニオ・ディ・ピエトロを切り離して、ひとつの党を作るつもりなんだろう。PD とPDLはPDuequadroになる。 P2(過去摘発を受けたリーチョ・ジェッリの作った秘密結社)の進化したものである。ヴェルトローニは会員番号1番、ベルルスコーニはリーチョ・ジェッリのプレゼントのP2会員証番号1816をそのまま持ち続ける。選挙は大変簡単であろう、完璧ないかさまで、無投票が最も有効な票である。
 イタリア人を代表して、300.000 ユーロ/日を急進党に対して、2006年1月1日にさかのぼって要求したい。それは最後の閣議で決められたRete4 のEuropa 7への周波数割り当てを求めるEUの判決を施行しなかったための罰金である。エンマ・ボニーノ大臣 は、この判決は「緊急性を要しない」と言ったのだから。



。。。から出した。 Beppe Grillo 09:45 in 政治| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月 7日

新聞は、購読者がいるから存在する

inceneritore_Matera.jpg
ビデオを見る

 コマーシャルの上限新聞テレビに挿入許可された広告の適量のことである。新聞はテレビの方がその上限が多いと不満を訴えるが、とにかくEUの基準を超えている。より多くの広告がテレビに許可され、新聞はそれよりも少ない、が、そのため出版社は国に資金援助を求めている。上限を上げるか公的援助を。
 新聞の読者はこのような論理から離れている。真の情報マーケットというものが真剣に考慮されていない。資金は納税者か大企業グループから集められているのだ。つまりそれはFiatであり、テレコムであり、ENI、Intesa San Paolo銀行などで、日刊紙の有料広告ページを埋める企業が経済ジャーナリストの筆に影響を与える。だいたい、生活を支えてくれる人に反対するジャーナリストがいるだろうか?
 テレコム会長だったトロンケッティの経営を批判したジャーナリストが何人いただろう? テレコムの本当の株価が1,5ユーロと知っていた(ブログにも書いたように)のに、昨年銀行が買った時の株価が2,9ユーロだった、と本当のことを誰が言った? 銀行は誰のものなんだ? トロンケッティを首にした時に使った金は誰のものだったのか? まさか銀行の口座所有者か投資者のではないだろう? この数年メディオバンカのお目付け役、 Cesare Geronziの金融/司法の分析を、誰がしたというのだ?彼は、昨日パルマラット裁判のEurolat関連の 恐喝容疑 で起訴されたばかりだろう?
 広告担当の出版社とジャーナリストはもっと要求する、それは読者のためではなく、情報財産のためである。広告のない新聞や国から援助のない新聞はつぶれてしまうのだろうか?新聞は購買者がいるから存在するのだ。
 さもなければ情報は伝わらない。大企業や政党の広報のマスコットガールでもいいが、なぜそんなことにわれわれの税金が使われなければいけないのだろう。それに、それならどうして新聞を買わなければいけないのだろう?


。。。から出した。 Beppe Grillo 19:59 in 情報| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月 4日

テレビ7局と新聞3紙

citta_V2-day.jpg

 イタリアでは間違った情報が支配、決定、命令している。テレビ7局新聞3紙が民主主義に取って代わっている。君たちの知らないことすべてが真実である。君たちが知っていることはシステムが望んでいることである。専制政体に警察も法律も必要ではない。情報を支配するだけで充分である。メディアはどんなクーデターにおいても最初の占拠目標である。
 イタリアでは何も知ることなく、判断することもできない。精神分裂病的である。現実と受け取る情報は別のものであり、まったく対極にある。混乱状態にあるボクサーが、立っていることもできず、リングの角にいるアシスタントが大丈夫だと叫んでいる状態ににている。存在するか、知るか? これがジレンマである。
 私たちは自分の人生の主ではない、なぜなら何もしらないから。RAI1, RAI2, RAI3, Canale 5, Italia1, Rete4, La7, Corriere della Sera, Repubblica, la Stampaというテレビ局7局と3紙。政府、議会、われわれの目は彼らのものである。この10局に管理されるものである。局長の名前はある程度重要である。Riotta, Mazza, Giordano, Liguori, Fede, Piroso. 彼らは誰に対して返答をするのか? どんな利権を代弁しているのだろう?
 プローディRiottaを指名し、フィーニは「いやな朝だ」といい、Tg2を Mazzaに与えた。国営テレビ局のニュースのジャーナリストたちはプレス室の職員である。
 Canale 5, Italia1 と Rete4 はベルルスコーニのプロパガンダの手段であり、2つの機能がある。Publitalia社を介して広告で何十億ユーロを売上げ、イタリア人の頭を昏睡状態にさせる。ベルルスコーニは(放送に関する)国の認可をうけた代理人である。彼が利用しているテレビの周波数はわれわれのものである。それなのに銀行口座、ニュース、利権はただ彼のものである。La7はテレコムイタリアが所有し、その株主例えば BenettonやTelefonica の産業的利権のメガホンである。
 Paolo Mieli はコリエレ・デッラ・セーラ紙の上流サロン、 Pirelliから Mediobanca銀行、Intesa San Paolo銀行からTod 'sを代弁し、コリエレの主人は産業連盟と銀行協会で、Geronzi, Passera, Tronchetti, Della Valleらである。レプッブリカ紙は実業家のCarlo De BenedettiのEspressoが所有し、ラ・スタンパ紙はFiatグループが持っている。
 以上をまとめると、各政党、ベルルスコーニ、産業連盟と銀行協会が情報を所有しているといえる。彼らが望めば、われわれにどんなことでも信じさせることができる。4月25日の V2 day はイタリア人に、理解と望む能力を取り戻させる第一歩だ。情報は経済的、政治的関心と切り離されて伝達されるべきである。
 自由な国における情報の自由に関する3つの国民投票は、ムッソリーニのジャーナリスト組織の解体、出版業界に対する年間10億ユーロの公的資金援助の廃止、ガスパッリ法とRai-Mediaset二極の廃止。宴会参加は用紙請求 で、ブログのマップを参照。 270 市がすでに賛同している。

Ps: ブログで行進に参加の登録をし承認をうけた人は、人形のコメントで確認が可能。

。。。から出した。 Beppe Grillo 19:39 in 情報| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年4月 2日

偽の統計、本当の失業率

Caselli_libro.jpg
ビデオを見る


 イタリアの給料はヨーロッパで最も低い (東欧の国は別として)。どうしてだろう。 需要と供給の法則によるのか。仕事が不足するとサラリーは下がる。イタリアは(ほぼ)皆が雇用されているのに給料が低いというのはどう説明したらいいのだろうか。2007年の失業率6,1% は、正しいのか、うそなのか。統計的には正しいが、実質的には正しくない。
 政治家と情報は法律30号を保護する。マローニ元労働相の地元ヴァレーゼ選挙区マルペンサの労働者だけを保護するのがマローニ法である。 その他は不安定就労者だ。仕事がない、不安定就労者が増えている一月の給料で生活はできないというのは、周りを見ればすぐにわかる。失業率 6,1% は偽りである。Gallegati教授は、それを彼の手紙で説明している。
Ps: Scaricate il libro "Schiavi Moderni", 今日までに470.000人がダウンロードした。

  『Schiavi Moderni(現代の奴隷)』のなかで、フレキシビリィティと雇用の関係は嘘であることが示されている。政治家、経済学者に熟考してもらうべきことは、商品が足りないとその価格が上がると歴史が証明していることである。失業率がこれほど低いのに、なぜイタリア人のサラリーはヨーロッパの中でも低いのか。税金のせいでイタリア人のサラリーが低いのではない、仕事がないからである。
ISFOLのMondragone が説明する。:
 「二元的な労働市場において(雇用者の15%が不安定就労)、給料の少ない変種労働者の存在は労働市場で公定価格を決めることにつながり、労働者の15%が契約下におかれるシステムができあがり、昇給を求めることが出来ない状況で、欧州諸国の平均よりもはるかに安い賃金で働くということになった」 若者の労働市場への参加を促進するどころか・・・!
 Statisticulation (嘘と真実と偽る目的で統計に手を加えること)はDarrell Huffが “How to lie with statistics” (どのようにして統計でうそをつくか)のなかで50年以上前に導入した新造語である。「科学的」に人をだます方法の例がいっぱい書かれている本だ。
 ISTATによると、イタリアの2007年の失業率は6,1%で2006年の6,8%から下がった。研究者によれば、下がったといっても、実際それは、仕事を探さない人が増えたことと密接に関係している。 つまり昨年、その前年に比べて雇用を探している人は10%減少(-16万7千人)した。特に南、2004年以降職を探さない女性が増えて2007年は450万人に達した。失業率仕事を探している人の労働者との比率であらわされる。それは割り算だから、失業率を下げるには分子を小さくすればいい。それが2004年以来イタリアで起こっていることである。マローニ法・法律30号の効果を支持する話題は、それ導入されてから失業率が下がったということである。他の欧州諸国に比べて最近、イタリアでは仕事を探さない人の数が大幅に増加している。OECDによると仕事を探さない人と労働力の関係は2001年の2%から2007年の 6%以上に変化し、一方他の欧州諸国では、反対の傾向を示している。仕事を探さない労働者の数が増えた、特に闇労働の多い南イタリアの若者と女性で増えたことには、驚かない。
 政治家とマスメディアが無視したもうひとつの問題は2007年の第一四半期にイタリアの失業者は1.600.000で、ISFOL によればこのうちの900.000人は不安定就労( precari)、つまり失業者の半分以上が不安定就労者だということである。このことは不安定就労者が失業している間は、誰も社会保障費を負担してくれないということで、もう少ししたら(少なくとも100万人の不安定就労者がこの10年間に、わずかの社会保障負担金しか払わなかったから、年金をもらえても、最低年金を下回る。正社員の年収は正味で平均1万5千 €で、不安定就労者は1万€。あるいは雇用者のうち12%が変種労働者(若者の中では比率はもっと上がり、40%)で、この数は毎年、増える傾向にあり、「新しい」不安定就労者と定職につく不安定就労者(無期限で採用される)の比率は2対1である。不安定就労者の問題は爆発 まちがいない。どこに政策がある?労働法18条を廃止するほかに?みんな、元気を出して。Mauro Gallegati
.

。。。から出した。 Beppe Grillo 23:51 in 情報| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください| トラック・バック (0)