2011年2月28日

イタリアの砦

fortezza_Italia.jpg

 私達は待っている、しかし何を待っているのかわからない。徹夜しなければならない、だが誰もこの夜がどれほど長いかを知らない。そして結局のところ、どうでもいい。私達の砦からは、廃墟の前哨、郊外のアパート、あるいはある都市では、テレビの魔術を通して地平線を見る。全く知らない人の親しい声が毎夜私達のお供をしている。私達の国境で起こる出来事と危険についてそしてその解決策についても解釈している。 私達は明らかに、もうそれを信じない。危険も解決策も。危険は脅威であるが、すでに私達の境界線の中にあり、解決策は、自分の権力を永遠に続けたいだけの人物の手品にすぎない。その他に選択はない。私達を取り囲む偽善は、あまりにも見えすいており、長く続く、しかしこれほど恐ろしい未来は、今、このような貧弱な武器で、戦略は1オンスも、ただの1グラムもなく、勇気さえなく、対抗することはできない。砦は心地よい、自由自由と知識以外は何も足りないものはない。期待はろうそくのように私たちを消耗するが、その熱は、少しも良心に照らしてみようなどとはしないためには十分である。
 臆病でその中に閉じこもっている、またはわざわざ選択した、壁の前にひっきりなしに拡大する砂漠からは誰も来ないだろう。恐るべき、無情な敵ではない、民主主義と自由の武器を持った救助の友達たちでもない。民主主義と自由の二つの言葉の意味を私達は知っていると思っているが、私達はそれを、多かれ少なかれ無意識に、独裁と卑屈主義に変えてしまった。期待は永遠に続かなければ成らない、我慢(誰に対しての我慢?)は私達の唯一の本当の目標だ。待ち時間は数世代続いている。一世代、二世代とまるで朝の星のように消されていく。砦の中にはまだ食料は十分あるが、若者たちは、外国の地を求めて旅立ち、戻ってこない。その数はもはや百万だ。
 イタリアという砦は、その住民とともに古くなり、その壁は粉々に崩れはじめる。砦の至る所でそれが起こっているといわれている。普遍的な法則、いかなる砦も永遠ではない。 待っている時間は永遠ではない。ベルリンの壁は崩れた。そして今マガレブの砦も、次から次へ。しかし期待は甘美である。最初の瓦解の轟音でも。あの敵は、決して未知の土地から現れることはない。それは実際は私達だ。しかし異なっている、遠いところにいると考えることは、それほど安心させることなのだ。


。。。から出した。 Beppe Grillo 22:15 in 嘆きの壁| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月26日

2011年3月17日

marzo_diciassette.jpg

3月17日にイタリア統一150周年を祝う日とするのは、良い考えだと思う。わざと17を選んだのだろうか。この日には決定を避ける人がいるし、買い物もしない、家から出ない人もいる。結婚しない、出発しない、その数字を避けて16階から18階になる建物もある。三色旗の中心に黒猫だけが欠けている。3月17日はピンセットで摘まむべき、嫌われた日だ。3月17日に起こった事件をあげると、
180年、コンモドゥスがローマの皇帝に即位。しかし元老院と民衆がその死を望み、死体はテヴェレ川に捨てられた。
642年、バドレでイスラムとの戦いに初めて勝利するが、イスラムは地中海全域とスペインに拡大する。

1942年、ナチのBergen-Belsen の最初のユダヤ人強制収容所が稼動。そのあと、数百万人の犠牲者が続く。
1959年、第14代ダライ・ラマがチベットから亡命。
1981年、リチョ・ジェッリの自宅から秘密結社P2の会員リストが見つかる。
1989年、パドヴァで800年前に作られた塔が崩れ、4人が死亡、15人が負傷。

サヴォイア家のヴィットリオ・エマヌエレ二世がその日にトリノでイタリア国王を宣言した日だから別の日にはできない、と私に反対する人もいるだろう。もっとふさわしい日にしたほうがよかった。たとえば1946年6月2日、イタリア共和国の誕生の日でもよかっただろう。 1861年3月17日は、イタリアの一部のサルデニア王国への併合を祝い、ローマとトリヴェネト地方はまだイタリアではなかった。ニースを失ったサヴォイアは、その後イタリアが占領したオーストリアの南チロルよりももちろんもっとイタリア的ではあるが。南イタリアの住民の、ほとんど大量殺戮の規模の戦いを行った。 結局のところ、いったい何を祝えばいいのだろう。1861年は、国の誕生が祝われたわけではなく、イタリアにおけるサヴォイア家の支配の拡大の年である。トリノの議会で承認された条項は、実際「ヴィットリオ・エマヌエーレ二世は、自身とその継承者のためにイタリア国王の称号を受ける」と書かれている。ピエモンテでは、イタリア語が話されておらず、フランス語を使っていた。イタリア半島のその他に対しては別の世界だった。
イタリアはその150周年を、汚職、マフィア、すべてについて対立、国からの独立主義者が国の政府におり、議会は腐敗、首相は恥ずかしくて世界に出せないような人物で、疲れ果て、精根尽き果てた状態で迎える。この現在はあまり栄光に輝いていない私達の過去から生まれた。いわゆる祖国の父とともに、それを問題にしたことはないが。
まあ、17日を祝日として祝ってもいい。結局のところ、春の長い週末の始まりだから。4連休にして。だがすぐ後に1分の黙祷が必要だ。

Ps: 17日には、すべてが起こる。2月17日は「リビアの激怒の日」でもある。皆さん、17日について知っていることを教えてください。


。。。から出した。 Beppe Grillo 11:21 in 嘆きの壁| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月24日

すべてのブロガーは法の下に平等

legge_uguale.jpg

夜明け、警察があなたの家のドアをたたき、あなたの家を家宅捜索する、個人情報の入ったパソコンを押収する時、 一人ではなく、二人、三人、四人、五人の男たちがあなたの家に入り、いたるところを rovistano、そして理由はわからない、動機さえわからない。そしてそれを尋ねるとき、信じられない。間違いではないか、una burla, しかし別の現実に入り込む、「ドッキリカメラ」の役を演じているのではない、しかしカフカの裁判 の役を演じているのだ。あなたは有罪、あなたの論理から免れている世界によって裁かれる。生まれたときからあなたが支配されている超自然のEntitaが「裁判所はあなたに何も求めない。あなたが来たら受け入れる。行ったらなるがままにさせること」


ヴァレリア・ロッシ、ジャーナリストのインタビュー
エイリアンを殺したい

私はヴァレリア・ロッシといいます。ずいぶん前、40年前からジャーナリストをしています。生まれ故郷のサヴォーナから離れてずいぶんになります。サヴォーナに戻ったときに、地元のニュースをのせる地方新聞を作ろうと思いました。・・・

根拠のある動機

・・・そして、信じられないことに、すべてが真実であると証明され、私は自分が何で訴えられたのか、本当に問題が何なのかわかりません。そして刑法の条項にしたがうと、恐喝、名誉毀損、犯罪幇助だというのです。・・・

狩用の銃

そして、私が拳銃の所有者であると言い、私が、え?いつから?どこに?どうして?なぜ?と答えることになりました。実際は、1986年に父が亡くなったとき、彼の狩用の銃を相続しただけなのでした。父は狩に行っていましたが、私はそれに反対していて、狩も狩人にも、まして銃の所持にも大反対です。・・・



。。。から出した。 Beppe Grillo 21:59 in 情報| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月21日

空腹が革命をもたらすのか?


les_tricoteuses.jpg

フランス人たちがパンを求めていたとき、ルイ16世の妻マリーアントワネットは「パンがないならクロワッサンを食べればいいじゃない」と言った。それで革命が起こった。ムバラク、ベン・アリ、ガダフィは、クロワッサンの代わりに国民に熱い銃弾を配給した。反政府デモ参加者のうちの数百人の死者は、いずれにせよ、北アフリカの革命を阻止することはできなかった。ムバラクは心筋梗塞、ベン・アリは行方不明でおそらく亡くなっただろう、ガダフィは自国の孤立の後ろに身を隠した。今起こっていることは、かまどへの攻撃なのか、民主主義のための革命なのか?それともその両方なのか?貧困は革命を起こす?空腹が革命を起こすのか?

貧困を示す指標 misery index,がある。経済指標であり、アーサー・オクンによって作られた、国の貧困の度合いを示す数字である。失業とインフレから計算され、数が大きければ貧困の度合いが高い。最新の発表ではエジプトは6位、ギリシャは7位、チュニジアは、9位。関連は明らかであろう。しかし上位4位にはどの国が?ベネズエラがダントツ第一位、次いで南アフリカ 、スペイン、パキスタンとなっている。これらの国は、次の革命または暴動が疑われている国である。スペインの順位には驚くし、イタリアが23位というのも、EUの平均以上であり、フランス、英国、チェコよりも上であるのも驚くべきことだ。やっとポジティブなデーターだ。
201年のわが国の指標はインフレ率1,5% と失業率 8,6%  であるが、この数字は、トレモンティの夢の本の中にしかない。実際イタリア統計局も、失業率12%(政府の正式発表より3,4%多い)を出している。だが現実に、仕事を探すのをあきらめた人は14%近くいる。インフレ率はその計算の対象がまったく現実の生活コストとかけ離れたものからなっている。公共料金、暖房費、ガソリン、高速道路通行料、第一義的な必需品を考えると、インフレ率は少なくとも5%である(正式発表より3,5% 多い)。統計局の失業率を計算しても、イタリアは13,5になり、アイルランド、ポルトガルに近い。失業率を2%あげると 15,5である。トルコとチュニジアと僅差になる、もし実際に感じているインフレ率を加味すると19になり、ギリシャよりも上のエジプトと同位である。
ベッティーノ・クラクシの時代には意志的な楽観主義があったが、今は絶望の楽観主義だ。国民にはクロワッサンを与えないで、嘘を並べる。今回はどのような結末を迎えるのだろうか。

Scudo della Rete
- Contribuisci con una donazione al conto "Scudo della Rete" c/o Banca Etica,
IBAN : IT39Y0501801400000000135947
- Con Paypal o con carta di credito:

。。。から出した。 Beppe Grillo 21:58 in 経済| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月20日

ミラノの奇跡


ミラノの家賃はイタリアでもっとも高い。若いカップルはミラノの遠い郊外の衛星住宅街に2ルームにトイレ付きのアパートを借りている。しかしミラノでは奇跡が起こった、チェーザレ・ザヴァッティーニのときのように。1064人のために、新しいミラノの奇跡、その大部分は政治家、その友達、妻、知人、多くのジャーナリストたちだ。スピーガ通りからポルタ・ロマーナ通り、パスコリ通りからペトラルカ通りまでのカルミネ広場からサンマルコ通りまで、サンタ・マルタ通りからイタリア通りまでの高級住宅地に、ピオ・アルベルゴ・トリヴルツィオ・ファウンデーションが持っているアパートが、馬鹿に安い家賃で貸されている。ミラノ市がやっている不動産事業は、85平米のアパート、ポルタロマーナ通りで年間3812ユーロ、114平米でプリヴィアーティ通りで年間 3.806 €、ソルフェリーノ通りで98平米、年間6952ユーロペトラルカ通り、192 平米、年間 5.100 €、パスコリ通りで、 82平米年間 2.285 €、カルミネ広場、107 平米年間 18.174 €、モスコバ通り、187平米、年間 10.135 €、サンマルコ通り、 101平米、年間5.743 €、サンタ・マルタ通り、149平米で年間18,749ユーロ。

ピオ・アルベルト・トリヴルツィオは、1700年代の半ばに、貧困の老人を救済する目的でトロメオ・トリヴルツィオの寄付で生まれた。続いて、社会党が引き継ぎ、その名前はタンジェントーポリ90年代の汚職摘発につながった。 その不動産を借りている人の名前のリスト を読めば、金持ちのDコルデロ・ディ・モンテゼーモロやチンツィア・サッソ(レプッブリカの記者で次期ミラノ市長候補ピサピアの彼女)の名前もある。ピサピアは、私の彼女は何年も前からそこ、公営住宅、に住んでいて、それは犯罪ではない、問題は公団の管理にある。その非効率をなくすためにも、次期の選挙で勝たなければならない、と言った。アリエド・ブライダ(ACミランの管理職)、クラクシ元首相の義理の弟で元市長パオロ・ピッリテリの甥マルティーノ・ピッリテリ、PDLの共同創始者ルチアーノ・ブオンクオレ、ピエロ・テストニPDL下院議員、グイド・マンカMetrovwebの会長など。これでは心臓がもたない。腹も煮え返り、肝臓は破裂する。この公団の会長は、エミリオ・トラブッキ、副会長はフランチェスカ・ザンコナート、部長ファビオ・ニッティ、評議員ステファニア・バルトチェッティ、フランチェスコ・チェッタ、ジュゼッペ・ジェンンカレッリ、マルコ・アントニオジャコモニ、ルカ・ストレッリ、貧困老人たちを援助するための資産を巻き上げていた間に、彼らはいったい、どこにいたのだろう。ミラノ市は、誰も何も知らなかったというのだろうか?サイトには、寄付の項目があり、そこには、「寄付と愛情によってのみ、過去200年以上の最高のサービスを、将来も保証することができます」とある。借家人のリスト (コリエレ・デッラ・セーラ紙による)

Scudo della Rete
- Contribuisci con una donazione al conto "Scudo della Rete" c/o Banca Etica,
IBAN : IT39Y0501801400000000135947
- Con Paypal o con carta di credito:

。。。から出した。 Beppe Grillo 21:57 in 嘆きの壁| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月18日

ネットの盾、開始!


(03:00)

私達は開業しました。裁判のために、ネットの盾を開始しました。口座も開設し ました。それは私一人だけでは、イタリアのすべての裁判を支えるころはできないからです。私ができることは、すでに始めています。トリエステの Rasman事件で、二審でも殺人で有罪になった警察官から訴えられたダニエレ・マルティネッリとともに。彼は事実を公表したので、警察官たちが彼を訴え ました。
もう一つの裁判は、リヴォリの裁判で、市議会の審議を録画した青年たちです。 市警が二人現れ、一人はビデオカメラを壊し、もう一人は、イタリア中からのコメントをYou Tubeで読み、市警はコメントをした20人を訴えました。彼らの弁護に私の弁護士を任命しましたが、私一人で、この運動を支持することはできませんので、助けてください。

ネットの盾は、すでに活動を開始し、銀行Banca Etica に、寄付集めのための口座をあけました。この裁判やそのほかの裁判のために、基金を集めています。「あほう」とコメントを書いた少年を、100万ユーロの賠償金を求めて訴えることはひどいことだからです。

私達に同意してくれる弁護士たちには、MoVimento 5 Stelle への登録をお願いし、登録していない弁護士も、イタリアのあちらこちらの都市で、同じような裁判への協力をお願いします。
ボランティアまたは小額で協力してくれる弁護士の連絡先などを公表します。まとめると

- ブログは、裁判にされた場合の盾のための基金をもとに、スポンサーになります。
- ブログは、国内で協力してくれる弁護士のリストを公表します。
将来、立法の問題など、国民を十分保護していない法律を改善するために、改良が必要になるでしょう。どのようにしたらいいか、考えて見ますが、そのためにあらゆる助言や指示を歓迎する。私は、名誉毀損からはじめたい。訴えて負けた場合は、その賠償金を払うべきで、今日名誉毀損で訴える人は、100万ユーロの賠償金を求めることができ、それはしばしば恐喝に使われています。裁判で負けたとしても、この人には何も損はしない。むしろ負けた人々は、その責任を取るべきです。


-寄付用の送金先口座 "Scudo della Rete" c/o Banca Etica,
IBAN : IT 39 Y 05018 01400 000000135947


。。。から出した。 Beppe Grillo 21:25 in 5つ星の市| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月16日

送風機の中の


berlusconi_lapresse.jpg


。。。から出した。 Beppe Grillo 18:57 in 嘆きの壁| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月14日

ベルルスコーニ法

マルコ・トラヴァリオ
(45:18)
passaparola_7-2-11.jpg


皆さんこんにちは、皆さんはどうかわかりませんが、私はベルルスコーニの旗色が悪いと思います。それは先週、ムバラクは賢明な人だと保証し、今の立場にいるのが良いことであると主張しましたが、広場の抗議で失脚しました。広場の抗議が独裁者を追い払うのに役に立つという明らかな印です。今、最新のニュースでは、ムバラク元大統領は昏睡状態ということ、アンドレオッティが言っていたように、権力は、それを持たないか失った人を損なう。

ベルルスコーニの全裁判、

一方、私たちには、追い払われる前に、すでに政治的に昏睡状態の首相がいます。日曜日に広場で起こったこと、イタリア全国の200以上の広場で起こったことは、二回のV-Dayを思い出させます。その当時はこのことについてテレビやマスコミは、参加者が一般市民だけで、左派も右派も関係していなかったために、重要視せず、見ないふり、どれほどの人がいたかについて無視したのでした。本当にたくさん、昨日の女性たちの数と同じぐらいたくさんいたのですが。・・・

マフィアのメッセージ

しかし今回は、検察の書類は、家宅捜査の必要性を示すのに必要ではありません。長い準備期間を省略して、裁判に即刻出廷を命じるための明らかな証拠を予審判事が得るためだけに、シルヴィオ・ベルルスコーニに関する証拠の明らかさを示すのに必要なだけです。・・・

ベルルスコーニは、少数派、

よって、国の権力の間のAttribuzioniの抗争も、もう一つのピストルで、なによりも、それで発砲できるとは限らないのです、それは議会で何が起こるかどのように説明するかですから。

すべては、彼を救うために、

したがって、通信傍受に関する法律さえ、ベルルスコーニの現行の裁判に反映しないのですが、 無意味な傍受を許す司法官を処罰する法律を作りたがっているのです。しかし誰がその傍受が無意味であるかを決めるのでしょうか?検察官が予審判事にその許可を求めるのですから。そして予審判事が、やりなさい、そして無意味だとわかったら、大抵、何も証拠が出てこなかった後でわかるのですが、傍受を始めなければ、どんな検察官であってもそれが無意味かどうかわかるはずがありません。ですから、単に、案山子のような、驚かすだけの法律です。なぜなのかというと・・・

。。。から出した。 Beppe Grillo 19:23 in 情報| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月12日

ヨーロッパからの最後の電報

 3月、ひばりとともに春は、ヨーロッパの手形と、ブリュッセルから最後の電報が届く。フランスとドイツは、私たちの負債の7000億ユーロ相当を所有しており、イタリア国債を支持し続けるために、財政赤字とGDPの比率60%の、マーストリヒト条約のパラメーター内におさめる計画について尋ねるだろう。 現在の比率はおよそその倍の120%である。GDPは動かない、成長しない。10年間に、イタリアよりも成長が低かったのは、唯一ハイチだけである。赤字は全速力で、1000億ユーロ年間増える。もしGDPが成長せず、財政赤字が1兆8700億 になったら、一つしか方法は残らない。赤字を9000億に減らすこと。ジレンマは従って「借金かデフォルトか」。ヨーロッパはイタリアの破産をもう受け入れられない。紙の城のように崩れる恐れがあるからだ。フランスが持っているイタリア国債は、フランスGDPの20%に相当し、デフォルトはそれが紙くず同然になることだ。議論になっている、いわゆる赤字の「リストラ」は、ほとんど国債の価値のゼロ化にほかならない。会社がリストラされたときに、従業員を家に帰すのと、少し似ている。
 もし、デフォルトが禁断の果実なら、赤字の縮小しか残されていない。年間900億のローンで10年計画を仮定すると、ドラキュラ、アッティラ、アマートも震える恐ろしい財政計画になる。財政計画が不可避だと仮定すると、私たちに残された唯一の問いは「どのようにして?」である。2010年、トレモンティは「250億ユーロしか」歳出を削減できなかったにもかかわらず、あちらこちらで抗議が起こった。10年間、年間900億など(400億でさえ)、どんな政府もできないだろう。しかし今度は避けられない。トレモンティは財政赤字を、個人の貯金と同等に見なしている。それを発言したときから、資本は外国へ逃げ始めた。ヴェルトローニは(9.000 ユーロの年金) 最後のユーロまで今まで必ず税金を支払った人に犠牲を求めて、世襲財産(資産税)を提案した。彼の苦しい(節約家たちの)叫びから、その他の資本は急いで国境を越えた。
 解決策のない不可能な問題のように見えるが、スタートレックのドクター・スポック が言うように「いつも必ず代替策がある」。毎年、脱税は1000億ユーロ以上を超え、さらに非効率的な行政(似たようなポストの重複、不必要な公団、莫大な給料を含む)は、500億ユーロ、公的事業のコストを倍増させる贈収賄は、およそ600億ユーロ慎重に計算しても、歳入が増えて歳出が減れば、年間1500億ユーロの黒字になる漂流しないために必要な900億を差し引いて、年間(研究と技術革新に投資すべき)600億が残る。
それは実現可能な目標であるが、それには政治家の総取替えが絶対に必要だ。

。。。から出した。 Beppe Grillo 20:57 in 経済| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月 9日

デモ

iquattro_scalatori.jpg

イタリアの政治は、議会からデモに移った。デモの反対語は、隠蔽、姿を消すことである。物理的には、一つの作用はもう一つの同じ反対の作用に対応する。消えた民主主義は、当局がそれを妨げようとすると、別の道を見つけ、カルソの川のように急にあわられる。カイロやチュニジアの広場は、そのガリレオ的表れであるが、ロンドンでも最近、大学生の抗議があり、遊園地のゴーカートのようにチャールズ皇太子の車が揺らされた。
もし外国でデモがその始まりと終わりがあれば、何かを得るためにデモがあり、少なくともそのうちの一部が認められるはずであるが、イタリアでは、デモは、参加し、それで終わりである。イタリアの場合、デモの目的はデモをすることである。もし外国でデモが重要な事実、しばしばエポック的でもあるというのは稀だから、としたらイタリアでは一年の日数よりもデモの開催日のほうが多い。デモのカレンダーは、あまりにもその数が多いので、かなり大変だ。土曜日は、両方とも民主主義のために重要な二つのデモに参加するためには、200-300キロ移動しなければならない。
政党は、信念をもってデモに参加し、通常自分たちが直接主催できない場合は、それを横取りする、そして彼らの旗を空に向かって振って見せ、政党のシンボルや露店を出すことが多い。しかし議会から、一時的に流れてきただけだ。週末、自分たち自身に広場で抗議する、しかしあまり目立たないように、政治用語で、意味不明だ。離婚し、トランスや売春婦にかよう議員は、PACSに抗議する。10年来のベルルスコーニの共犯者である野党の民主党その他は、週三回もベルルスコーニ反対をうたうが、労組とFIATとオリベッティの破壊を助けた議員らは雇用を求めて団結する。
デモを、彼らの選挙地のためにうまく誘導できないとき、政治家たちは、最後の瞬間に集合する。教室の机を削減したジェルミーニ文相の教育改革に反対する学生たちに共感して屋根まで上る。文相は、しかし予算から政党への選挙資金の還付を受け取っている。公共の水のためにデモをしておきながら、実は関心がないから私企業に水の管理をまかせる。予算案に抗議してデモをする、県の廃止を求め、政治資金の削減を求め、その間に彼らの県議会議員たちは入金し、彼らのひいきの新聞は 3億3000万ユーロを受け取る。戦いと政府のデモはもう今や完成した事実だ。
われ、デモをする、ゆえに存在する。

。。。から出した。 Beppe Grillo 18:55 in 嘆きの壁| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月 6日

市の破産


indebitamento_comuni.JPG

イタリアは借金に基づく共和国である。それは国、州、県、市の層にも同じことが言える。国民の名のもと、国民の借金のピラミッドであるが、その国民はそれを知らない。公的行政機関は歳入の予算以上の金額を支出してはならないはずであるが、市をはじめとして、みながやっている

市長は、予算で金が際限なくかかるものに反応してはならないはずだが、赤字を抱えている市は、市民が支払わなければならない、学校、交通などの社会サービスが欠けていることと同等である。金を使い続ける市長は、まるで野放しの狂人のごとく、私たちの銀行口座からいくらでも好きな金を引きおろす。イタリア人を貧民にさせるために新しい税を導入する必要はなく、公的サービスをなくすだけで十分なのである。今度は市民が自分でそのサービスを支払わなければならないのだから。もし市が破産したら、市民もまた破産だ。誰もそれがつながっているとは考えないが、そういうことだ。市長は、倒産を裁判所に告げるのを避けるために、未来の儲けを入金するために債権を買う。 2008年からこの財政トリックが、裂け目に、さらにクレーターを加えた。市長は、この場合、銀行のせいにして、当然次の市長まで時間のかかる司法の経過を待つ。彼には関係がないのだ。そして市の領土はアスファルト化するためにあり、それは最後の芝生まで、建設の認可と都市化の税金で利益の源になる。多くの市長は第二のタンツィだが、経験不足だ。

もし倒産詐欺者が、自宅逮捕になると、市長たちは、たとえば元カターニア市長のスカパニーニのように、またルテッリやヴェルトローニ元ローマ市長のように、国会議員に変身する。およそ10億ユーロの負債を抱えたカターニアも、80から100億ユーロの負債を抱えたローマにせよ、国が介入し、私たちの税金で処理した。


市長たちは、歳入を上回る金額を1ユーロでも歳出してはならない。緊急事態の場合は、納税者に、特別支出の許可を求めるべきである。


イタリアで負債を抱えている市のトップ10は、与野党両方である。負債は政党どちらでも同じ。トリノが一番で、二番はカッラーラ、
どちらも中道左派、三番目は、セメントとCO2のミラノ、次いでテラモ、フェルモ、ジェノバ、レッジョカラーブリア、ビエッラ、べネヴェント、ピストイア。大部分が北である。そのためにレーガ党は、市税を導入したがっている。ケルト・ロンゴバルド族の市は、倒産の危機にある。国の中で有徳の市は、カルタニセッタ市である。5つ星の市民運動は、市議会議員を出したどの市でも、市当局が市民に負債をさせるような行政をさせないつもりだ。


。。。から出した。 Beppe Grillo 18:53 in 政治| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年2月 3日

家の鍵

trechiavi.jpg

何が私たちに残ったか?この質問に答えることは、私たちがどこにいるか、どのように再出発するかを理解するために重要だ。 この偽民主主義において市民がどの武器をまだ使えるかを知るために。消去法でいこう。投票権はもうない。国会議員の投票に記名で候補者個人を選ぶことはできない。議会は、したがってもうない。もし上院と下院が、国民の意向から抜かれたら、大統領も同じことだ、大統領は、各政党のトップによって任命される上下両院の議員によって選出されるのだから。だから上下両院議長とともにナポリターノも賭けだった。
国民投票は、選挙法に関する国民投票の時のように、破毀院によって受理され、定足数に達しないようにするために、夏の休みの時期に設定される。 署名が集まり、奇跡的に定足数に達した場合でも政党は全く気にしない。その例は多数ある。政党への選挙活動費の還付の廃止、原発設置反対は全く無視された。政党は10億ユーロを受け取り、5つの原発が建設中である。
国民発議の法案のために署名を集めたら、上院の倉庫に埋没する。「清潔な議会」を求めた法案の350.000 人の署名は2007年の12月から、審議の望みもなく、とまったままだ。選挙、議員で代表になること、国民投票、国民発議の法案の以外にどのような手段が国民にあるというのか。民主主義の家庭内別居のようだ。もう鍵のない家。その反応は、週7回の広場での抗議集会、何かできるかという幻想のための数多くの提案。または選挙に行かず、何も信じないイタリア人の40%の無関心か。抗議か忘却か、その二つの場合で、権力は少数の人に握られ、変わることはない。
最初の改革は、すでに奪われた国民に国の管理を戻すこと。この家の主人は私たちだ。鍵は返されなければならない。最初の一歩は、有権者に候補者を選ぶ権利を返し、2期以上勤めた職業政治家を廃止することを求めた「清潔な議会」法案の上院での審議である。
二番目に定足数をなくした提案の国民投票である。選挙に行かない人の価値はゼロである。
三つ目は、
政党ではなく、国民に応えるべき大統領の直接選挙である。四つ目は政党への公的資金援助の廃止。五つ目は国の支出に対する財務カバーである。少しずつ前進する。最初の提案については、スキファーニ上院議長に、1年前に約束したように、できるだけ早く、「清潔な議会」法案の上院での審議日程を決定してほしい。35万人の国民をこれ以上長く無視することはできない。


。。。から出した。 Beppe Grillo 18:50 in 政治| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください