銀行支配

かつて議会があり、連邦政府があり、国とその将来について公的な討論がなされた。大して機能していなかったが、代表機関の国連もあった。これらすべては、記憶であり、民主主義的様相の灰で、過去の埃である。何も価値がなくなってしまった。他の組織は、人々にとって、WTO、BCE、IMFという神秘的なマークによって時代遅れになってしまった。私たちの運命は、彼らの手中にあるが、私たちはそれが誰によって操られているのか知らない。誰が目的を決めているのか知らない。誰も代表者を選んだわけでもないが、彼らに私達の生活は依存している。欧州中央銀行(BCE)は、政府に対して、脅しのレターを出すことができる。WTO は、自由経済で世界をむちゃくちゃにすることを決められる。 生産は多国籍企業がインドの子供か中国の労組のない権利のない労働者に任される。 何のグローバル競争について私達は話をしているのだろう。規則や権利が同等であれば競争は存在する。グローバルな搾取、産業化した先進諸国の給与の低下、前世代からの戦いで得た社会的、労組的成果の喪失について話したほうが正しいのではないか? いったい誰がすべてを決めたのか?WTOか。誰の名において?ギリシャはすぐにデフォルトにはならない。もし破綻したら、ギリシャの国債を有するフランスの銀行が倒産するから。 だから、まずその国有財産を売り、銀行を救済しなければならない。世界は銀行中心で社会政治についてはもう話題にもならない。EUはBCE、国連、WTOに取って代わられ、政府はIMFにとって代わられた。戦争自体が、リビア戦争で明らかになったように、もやは単に経済的目的しか持たず、もうイデオロギーや宗教、領土の戦争ではない。銀行は戦争に投資し、戦争が銀行に投資する。ホテルでは、身分証明書の代わりにクレジットカードを求められる。子供が生まれると、小児科医が決められる前に、財政赤字の分担分とともに納税番号が与えられる。政治家たちは、銀行家たちの給仕係で、私たちがその勘定を払うのだ。


by Beppe Grillo 16:53 | コメント(1)
コメントする | ブログに登録する | 友達に送る | GrilloNews |
View blog opinions



解説

石英の時計は採用のチップによって情況を使うことと違い、電池は寿命1-2年の待たないことため。高級な3針の石英の時計はすべて注意機能を消耗し尽くす電池があって、秒針が脈打つのは普通でなくて、すぐ4秒ごとに跳びますと、指摘はあなたは直ちに替えなければなりません 電池、直ちにもし電池を替えませんならば、恐らく電池が液体を抜かしてそして腕時計の内部の部品を壊すことをもたらしまmovb168@loveq.cn.com
http://www.watch2o.com/
http://www.watchbremen.com/
http://www.watchesdesigner.net/

。。。から出した。: fxg | 2012年3月 3日 08:39


コメントを書く


ベッペ・グリッロのブログはみんなのためのオープンスペースです。お互いが直接話し合えるように作ってあります。皆さんのコメントは、フィルターにはかけられず、すぐ公表されます。ブログの有用性はみなさんの協力次第です。ですから各自がコメントの内容には責任をもってください。

ブログに参加する前に注意書きをよく読んでください。

禁止事項
- ポストと関係ない解説
- メールアドレスない解説
- 無名解説
- 広告解説
- 汚い解説
- 卑猥な解説
- 民族主義的内容の解説
- イタリアの法律に違反する解説(暴力,中傷)

とにかく、ブログの持ち主はいつでも解説を消すことができる
なお、ブログの持ち主他人の無礼な解説の責任をもらわない 最大2000字まで.
疑問点があれば「ブログの使い方」を読んでください。".

コメントを書く(日本語で、お願いします)


氏名 *:

メールアドレス *:
名前と苗字を着いてないメッセージが消されるので、気をつけてください
あなたのホームページアドレス :


* 義務界



友達にポストを出してください

・・・にこのメッセージを送る *:


あなたのメールアドレス *:


メッセージ(オプション)


* 必ず記入