ビン・ラーデンからガダフィまで、西洋の連合国の最後

amici_occidente.jpg

もう一人、西洋の連合者が死んだ。その名はガダフィ。彼の武力はイタリアによって訓練されていた。イスラムテロリストの追跡には米国の諜報部を援助した。ヨーロッパに石油を供給していた。彼は独裁者であったが友人でもあった。ナポリターノ大統領は、数か月前に彼と握手し、ベルルスコーニ首相は彼にキスまでしている。イタリアとは和平協定に署名している。自国の石油をヨーロッパにリビアの金を国際的な銀行組織に供給し、それらはリビアを称賛していた。リビアはフランス空軍によって、米国トマホークによって攻撃され 、数か月間爆撃が続いた。国連の合意の外のNATOの介入がなかったら、反政府グループは何もできなかったはずだ。誰が彼らに武器を与えたのだろう。42年前から独裁政権下の国では、キャベツの下にミトラ銃が生えてくるというのだろうか?

ガダフィーは、みじめに殺された。西洋諸国の評判を落とせたはずの裁判にもかけられずに。シルテから逃げていたところを、フランス国防相ジェラール・ログが報告したように、フランス空軍の攻撃にあい、ガダフィは、殺人者たちの手中に残され、彼らは足に発砲し、最後に頭に一撃を与えて殺害した。その遺体は道路を引きずられ、大きな獲物のように見世物にされた。ガダフィの元協力者、2011年の初めまで国内経済発展担当だったMahmud Jibrilが、暫定内閣の首相になり、「この瞬間を長い間待っていた。ガダフィは殺害された」と宣言した。この茶番劇の幕は下りた。リビアの石油は今や西洋諸国のものとなり、ガダフィの共犯者たちが、彼を引き継ぎ、元兵士らはガダフィを犠牲にした。

彼の前には、他の西洋諸国の連合者が同じ運命をたどった。ビン・ラーデンは長年にわたってCIAと関係があり、アメリカ人を対ソ連アフガン戦争で援助した。ムバラク大統領は、数十年間西洋諸国との強いつながりがあったが今は、死んだというより、ベッドに横になったままで裁判所に呼ばれている。サダム・フセイン は、長年西洋諸国によって武装され、イランとの戦争を行っていたが、大量破壊兵器を所有していると言い張るNATOがイラクを占領したあと、絞首刑になった。今友人たちがいなくなった後、誰が次の犠牲者になるのだろう。イランの大統領?イエメンの首相?シリアの大統領?ムラー・オマール元アフガニスタン大統領?北アフリカに平和がきた。ペルシャ湾にはまだ平和はない。

by Beppe Grillo 20:54 | コメント(1)
コメントする | ブログに登録する | 友達に送る | GrilloNews |
View blog opinions



解説

精力剤、媚薬、ED薬、漢方薬 ekenkou.jp

。。。から出した。: 精力剤 | 2012年5月30日 02:07


コメントを書く


ベッペ・グリッロのブログはみんなのためのオープンスペースです。お互いが直接話し合えるように作ってあります。皆さんのコメントは、フィルターにはかけられず、すぐ公表されます。ブログの有用性はみなさんの協力次第です。ですから各自がコメントの内容には責任をもってください。

ブログに参加する前に注意書きをよく読んでください。

禁止事項
- ポストと関係ない解説
- メールアドレスない解説
- 無名解説
- 広告解説
- 汚い解説
- 卑猥な解説
- 民族主義的内容の解説
- イタリアの法律に違反する解説(暴力,中傷)

とにかく、ブログの持ち主はいつでも解説を消すことができる
なお、ブログの持ち主他人の無礼な解説の責任をもらわない 最大2000字まで.
疑問点があれば「ブログの使い方」を読んでください。".

コメントを書く(日本語で、お願いします)


氏名 *:

メールアドレス *:
名前と苗字を着いてないメッセージが消されるので、気をつけてください
あなたのホームページアドレス :


* 義務界



友達にポストを出してください

・・・にこのメッセージを送る *:


あなたのメールアドレス *:


メッセージ(オプション)


* 必ず記入