business program articles new program business opportunities finance program deposit money program making art loan program deposits make program your home good income program outcome issue medicine program drugs market program money trends self program roof repairing market program online secure program skin tools wedding program jewellery newspaper program for magazine geo program places business program design Car program and Jips production program business ladies program cosmetics sector sport program and fat burn vat program insurance price fitness program program furniture program at home which program insurance firms new program devoloping technology healthy program nutrition dress program up company program income insurance program and life dream program home create program new business individual program loan form cooking program ingredients which program firms is good choosing program most efficient business comment program on goods technology program business secret program of business company program redirects credits program in business guide program for business cheap program insurance tips selling program abroad protein program diets improve program your home security program importance
business carrier articles new carrier business opportunities finance carrier deposit money carrier making art loan carrier deposits make carrier your home good income carrier outcome issue medicine carrier drugs market carrier money trends self carrier roof repairing market carrier online secure carrier skin tools wedding carrier jewellery newspaper carrier for magazine geo carrier places business carrier design Car carrier and Jips production carrier business ladies carrier cosmetics sector sport carrier and fat burn vat carrier insurance price fitness carrier program furniture carrier at home which carrier insurance firms new carrier devoloping technology healthy carrier nutrition dress carrier up company carrier income insurance carrier and life dream carrier home create carrier new business individual carrier loan form cooking carrier ingredients which carrier firms is good choosing carrier most efficient business comment carrier on goods technology carrier business secret carrier of business company carrier redirects credits carrier in business guide carrier for business cheap carrier insurance tips selling carrier abroad protein carrier diets improve carrier your home security carrier importance

2011年10月 6日

スティーブ・ジョブスを悼んで

スタンフォード大学の卒業生に対するスティーブ。ジョブスの講演
(14:35)
jobs.jpg


朝目が覚めて聞く最初のニュースが誰かの死、ということがある。昨日スティーブ・ジョブスが亡くなった。だいぶ前から会っていないが時々思い出す友達が死んだような、そんな悲しい気持ち。彼さえも死を克服できなかったのだから、誰もできはしないだろうと考える。そして自分のもろさを感じる。10月のある朝、こんな気持ち。さよなら、ジョブス。


スタンフォード大学の新卒業生への講演、2005年6月12日

「ここで今日、世界で優秀な大学のひとつであるこの大学の卒業式に出席できるのは、私にとって大変光栄なことです。私は大学を出ていません。むしろ正直に言えば、これがもっとも卒業に近い私の経験かもしれません。今日は、私の人生について三つの話をしたいと思います。それだけです。大したことではありません。ただ、三つだけです。

点を結ぶ。

愛情と喪失について。

死について。


(イタリア語字幕付き)


。。。から出した。 Beppe Grillo 18:41 in テクノロジー・ネット| 解説 (1)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年10月 5日

ネットに対する戦い



おそらく決算のときが来たのだろう。政治家はネットを阻止しようとしている。それは政令などではできないので、制限したり、限界を決め、不明瞭にする法律を作るのだ。ウィキペディアの通知は、意見の自由を制限する重大な行為に対する反応である。アルファーノ法 は、ロド・アルファーノとしてしばらく前から有名であるが、それは情報の自由に対する戦争行為で、ファシスト法より何よりひどい。もしネットが閉鎖されたら、どんな対話も不可能になり、広場での話し合いのほかにその代替策はなくなるだろう。
意見を
このメールアドレスアルファーノ大臣に送ろう。

ウィキペディアの通知
この数時間のうちに、ウィキペディアのイタリア語版は、その存続が危ぶまれ、この数年間に有益だったサービスを提供し続けることができないかもしれません。読者が読みたいページは隠れて存在しているのですが、もうすぐそれが本当に消去させられるかもしれないのです。
過去10年間に、ウィキペディアは中立な意見や知識を知りたいという数百万人のネット利用者が
無料で自由に習慣的に利用できるものになりました。新しい巨大なマルチ言語の無料の百科事典です。今日、しかし残念なことに、このプロジェクト— 内容の中立、自由、信憑性 — ははいわゆる傍聴に関する法案29項によって妥協を強いられる恐れがあります。
この政令による改革案は、この数日議会で話し合われており、それによればすべてのウェブサイトは要請を受けたらその48時間以内に、イメージの損害を訴える者が求めるすべての内容の修正を強制されます。残念ながら、この内容の「損害」の評価は公正な第三者の判断に任されるのではなく、被害を受けたと推定される人の意見に一方的によっているのです。
したがって、この29項をもとに、誰でもブログや新聞、おそらくウィキペディアも、その内容に傷ついたと思う人は、その情報の信憑性に関わらず、内容の修正を求める権利を振りかざすことができるのです。
この数年間、ウィキペディアの利用者(ウィキペディアには編集者はいない)は、 いつでもその内容の修正について話し合い、修正することができ、わずかのケースで解決策が見つからなかった場合、ページ全体が削除されたのみでした。

この法律によって規定される訂正を掲載しなければならなくなると、ウィキペディアは自由と独立を制限されることになり、それを受け入れることはできません。このような制限は自由な百科事典の基礎を変えてしまいます。
もっと明確に言えば、誰も個人の名誉毀損などについては議論もしたくないですし、すでにイタリア人は名誉棄損を罰する刑法595条によってすでに守られているのです。
この通知で、読者に警告を発したいと思います。このような条件では、ネットの利用者は、単に問題を起こしたくないために、ある種の話題や人物について話しあうことを避けるようになるでしょう。
私たちはすべての人に開かれた自由な百科事典を維持していきたいと思います。私たちの声はあなたたちの声です。ウィキペディアはすでに中立であり、なぜそれを中立化しなければならないのでしょうか。


。。。から出した。 Beppe Grillo 17:02 in テクノロジー・ネット| 解説 (1)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年7月12日

Tze Tze インターネットが選んたニュース

(2:47)
grillo_tzetze.jpg

この数日間にヴァル・ディ・スーザで起こった事件は誰の目にも明らかだが、印刷された新聞や、テレビのニュースによる情報を読んだり、聞いたりしたと思うが、すべては事実とは異なり、完全にゆがめられている。

今日、私達は、唯一の真実の情報はインターネットを介して生まれ、伝わることを確認する。紙面のニュースの時代、テレビの時代は終わった。ファット・クオティディアーノ紙だけは別だが。真実の、信用できる情報はネットで見つかる。それでインターネット上のすべての情報をコントロールするために、JP モルガンと世界のフリーメイソンが望み、このサービスが生まれた。TzeTze のサービスは、 このポータル にすべての情報がリアル・タイムに載る。すべてオンラインのブログやサイトで、オンラインに接続するすべての人が情報を作ることができる。ポジションや興味や話題を基に30分毎に更新される。
このサービスは、小さなハエがみなのサイトに、ブログに挿入されるシンボルを介して行われる。ハエのシンボルは、TzeTze のポータルとbeppegrillo.itの両方にも出ている。これはこの分野の新しいことだと思う。JPモルガンが可能にしてくれたら、これは独立した情報を有することができるようになる。個人的にも、このポータルは素晴らしいものだと思う。コストは低く、Casaleggio Associatiが世界の情報を握るかもしれない。どうぞTzetzeにコンタクトしてみてください。チャオ  Beppe Grillo

  TzeTze.とは何か
TzeTze はリアルタイムで利用者によって選ばれたニュースを掲載する。利用者によるダイナミックな番組で、30分ごとにアップデートされる。オンラインのサイトだけから選ばれるので、紙面でもテレビでもない。その人気とニュース性をもとにした情報である。 サイトやブログの隅にハエのシンボルが挿入されているのは、tzetzeポータル上で、投票されルことを示す。TzeTze の目的は、メディアのメインストリームから逃れて、ネット上の独立した情報を促進することと、利用者にとって重要なニュースを公表することである。


。。。から出した。 Beppe Grillo 19:11 in テクノロジー・ネット| 解説 (9)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年5月29日

EG8がインターネットに介入

sarko_napol.jpg

「世界の大国」が集まりインターネットに関するサミットEG8 がパリで開催された。このイベントは、インターネットを世界的に取り締まろうと言う目的で、フランスのサルコジ大統領の意向で行われた。特に、インターネットの内容の公表について。フランスは、いわゆる「3ストライクで、あなたはアウト」という検閲の法律を承認させ、サービスプロバイダーを介して、違法と考えられている内容をダウンロードするためにP2Pのサイトに3度接続すると、インターネットへのアクセスを阻止するものである。

そのため、2通の警告メールを発送し、スイッチを切る役所までが作られた。フリー・カルチャーの著者 ローレンス・レッシング"、米国の弁護士と著作権に関する問題の専門家たちは、この法律を、新しい業界を開発するのとは反対に、退廃していく活動を保護する解決策だ
と定義した。マッキンゼー社は、フランクでこの15年間にインターネットのために失った労働ポスト1つに対して2,4の新しい労働ポストが、インターネットのおかげで生まれ、70万の新しいポストができたと計算している。

サミットでは、ネットの主要な活動者たちが招待された。その多くが、コリー・ドクトロのようにEG8を、政府がインターネットを襲う試みだと考えている。
サルコジ大統領はネットを使う人に向けた脅迫的な発言でサミットを開始した。「君たちが代表している世界は、社会を治めている原則や法的規則、道徳規則が定められている平行した世界ではない」。何がこの規則で、どのような利益を保護しなければならないのだろうか。コピーライトに関する法律は1710年アンナ規約にさかのぼり、グーテンベルグの印刷発明の後で、わざわざそのために作られた法律である。作者の著作権を導入し、その期間は15年、政治的な保護だった。 数世紀間に法律は、大部分が制限的になり、著作権の期間は100年まで延長されようとしている。刑罰は常に重くなる。

著作権は、事実上、ネットの発展の障壁になった。フランスでの大国の会議には、イタリアの二人が招待された。テレコムのベルナベとエスプレッソ・グループのカルロ・デ・ベネデッティである。この男は
Google は、情報の寄生虫であるといい、さらに「グーグルまたは別のサーバーが私たちの内容を無料で取り上げるのは、不当であると考える」とまで言った。私も同じふうに考える。Google に、検索からレプッブリカを外すように忠告したいと思う。

。。。から出した。 Beppe Grillo 21:19 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2011年1月 5日

Facebookのバブル

facebook_sam.jpg


ゴールドマン・サックスは、Facebook を500億ユーロ相当と評価して、3億750万ドルを投資した。5億人の利用者一人当たり100ドルの価値があるとみている。Facebookに登録していないなら、価値はゼロというわけだ。たとえばもし私と息子が、プロフィールを消去したら、Facebookの価値は、一瞬に200ドル減るということ。資本は利用者、その内容と関係網
であって、プラットフォームではない。しかしFacebook は、インターネットの宇宙の中で、それ自体の中に閉じた世界で、その中に入ったらもう出ることはできない。「あらゆる希望を残していってほしい、その中に入る者よ」

もし将来別の会社がもっとサービスのよいソーシャル・ネットを提供したら、Facebookの利用者は理論的には、 Mark Zuckerberg許可をもとめることなく、その内容を移すことができるはずだ。実際は今日それはできない。Facebookの経済価値はその中に挿入されている数十億の情報に依存している。誰がこれらのデータの、「デジタル・アイデンティティー」の所有者であるか?Facebook か利用者か?利用者であるはずである。アイデンティティーは彼のもので、写真、ビデオ、文章はその仕事の成果である。それは「彼」であり「彼女」である。これらの情報はしかし、Facebookの内部でのみ利用可能である。ほかのソーシャルネットに登録する人は、すべてのデータを再入力しなければならない。すべての「デジタル・アイデンティティー」事実上、Facebookまたはソーシャル・ネットが所有権をもつ。すべての内容と関係の所有権が利用者に残るようなソーシャル・ネットにアクセスするための「ユニバーサルなデジタル・アイデンティティー」のスタンダードが、しばらく前から研究されている。私たちの「デジタル・アイデンティティー」は常に私たちの社会的関係のために重要であるが、いつ何時、Facebookによって消去されてしまうかもしれないし、私たちもそれと一緒に消されてしまうのだ。Facebook はゴールドマン・サックス銀行から受け取った金を、無償で仕事をして情報を提供しているその利用者に分配すべきである。彼らはマーケティング活動に利用されるかもしれないのだから。この前置きで、Facebookの事実上の独占が終わったら、ゴールドマン・サックスの資本はまたしてもインターネットのバブルを作り出したことになるだろう。そしてそのバブルに金を費やすのは誰かというと?小口株主か大銀行?もちろん、2012年に株式市場への上場を指揮して大もうけをするつもりのゴールドマン・サックスでないことは確かだ。間違っているかもしれないが、念のために、私はFacebookの株を買わないだろう。

。。。から出した。 Beppe Grillo 17:52 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2010年10月10日

アイデアの移転

離れた場所にあるベートーベン
(1:08)
Beethoven_MarkerBot.jpg

子供に無駄なものを売るテクニックをご存知だろうか?小さな袋に入ったコレクション。子供または孫がいたら、もう子供の涙に負けて、プッフィ、ディノフロツ、兵隊、パワーレンジャー、ゴロニーティ、ハローキティを10個ぐらいは買ってあるだろう。今、家にはプラスチックのおもちゃがいっぱいになっている籠がなく、すでに製造されたオブジェの素材をリサイクルして離れたところでオブジェを作るネットでつながっている機械がある世界を想像してみてください。プッフォから大きなプッフォができる、森のゴルミータからベン10のエイリアンが出来る。または何か小さなもの、中ぐらいの大きさのもの。ホイッスル、レバー、デコレーション用の雪の結晶、ふた、指輪、キーホルダー、ねじ、ハロウィンの仮面、コップ、ビン、はさみ、色々な形の積み木、レゴのレンガ、ミラノの大聖堂のミニチュア、携帯電話ホルダー、飛行機のプラモデル、プレゼピオの人形。


遠距離の物質化は、現実のものになった。新しいものを作り出してネットで他の人と共有することができ、改良、変化、広げ、普及することもできる。オブジェの web 2.0は、再生産機械のおかげで、インターネットを介してンラインで販売できる。距離0センチの生産の始まり。オブジェのかわりにアイデアのテレトランスポート、創造的なアイデアが、自由にデジタルデザインを基礎として無償で物質化できる。私はこの機械を1つ買った。それを組み立てて販売元のカリフォルニアの会社とスカイプで接続して機能させるのに1ヶ月を要した。そしてそれを使い始めたら、やめられなくなった。伝染性だ。最初に作ったオブジェは、息子のチーロがもって行ってしまったスペースインベーダのバージョンだ。そしてテーブルに置くiPhon用の台 (店で29 ドルで売っているが...)、そして今は、鳥笛に凝っている。ひとつもう小さい色々な形の変な音を出すのを持っているが、ひばりの笛を試そうと思っている。私のショー"Grillo is back" のたびに1つ作るつもりだ。

アイデアの宇宙があり、それが物質化するなら、それはサイト Thingiverse 物事の宇宙、の中にある。すべてのアイデアー物が、ソフトウェアで記述され、デジタルデザインは他の利用者から派生するもの、コミュニティのコメント、たとえばゴシックの大聖堂、またはオレンジ絞り とともにダウンロード可能である。レシピーとともに、今日はそれ以外もすべて、お皿、コップ、ナイフ・フォークも交換ができる。パイナップル風リゾットはまだもう少し待たなければいけないけれど。


。。。から出した。 Beppe Grillo 16:09 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2010年5月 3日

ナローなブロードバンド

ヨーロッパでもっとも狭いブロードバンド
(1:33)
banda_larga.jpg

イタリアはヨーロッパの国の中でもブロードバンドの普及における順位で下の方の国の中に位置している。つまりインターネットとデジタル経済において遅れているということである。

EU統計局の調査では、ギリシャ、ブルガリア、ルーマニアとイタリアは同等である。ということは経済の発展とネットの発展は同じ歩調で進むということを示している。ギリシャはすでに破綻した。ブロードバンドは、電力や道路のような必需品である。統計局の地図が示すように、地中海にはブロードバンドの普及した緑色の島があり、それはコルシカ島、バレアレス諸島、マルタ島も。世界から断絶している白い島は、私たちのシチリア島、サルデニア島、エルバ島である。コルシカ島がイタリアのどの州よりもブロードバンドが普及している、というのはどうしてだろうか。サルデニアで数日過ごしたことがあるが、そのときには携帯電話もつながらなかった。

イタリアはナローバンドで統一されている。北イタリアも南と同じように、情報通信はアフリカ諸国よりも遅れている。ロンバルディア州のブロードバンド普及はポーランドより低く、ラ・マンチャのようなスペインでもっとも貧しい地区と同レベルである。この状況は偶然のせいではない。政治家たちと国の委託代理店になり下がった産業連盟の未来ヴィジョンの完全な欠如のためである。最新の情報通信なしでは、国の未来がないばかりか、現在もない。

この国では何かが偶然に起こることはない。だからいつもの質問をしなければならない。「誰が得をするのか」。誰が事実上WI FIを禁じる ピサヌ法のような意味のない法律で利益を得るのか。地上デジタル通信に最大のプライオリティを与えることで誰が得をするのか。デジタルメモリーに対する税金で誰が儲けるのか。利用しない Wi Max のライセンスを例の電話通信会社に与えることで誰が得するのか。ブロードバンドの発展のために充当された 8億ユーロは、ジャンニ・レッタによって、経済危機対策の費用に使うという馬鹿馬鹿しい言い訳で凍結された。(通信情報なしで、危機は増大するのではないか?)

新しいイタリアはテレビではなく、今あるような政党でもなく、彼らのような政治家でもない。ネットは現体制への脅威である。そのために、ブロードバンドはイタリアでは少ない。ギリシャは近い。

。。。から出した。 Beppe Grillo 11:18 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2010年4月23日

ポケットの中のベッペ・グリッロ

iPhone対応のBeppegrillo.it
(1:23)
iphonebeppegrillo.jpg

携帯によるインターネットのアクセスは、今後数年間で、ポータブルパソコンやデスクトップの現在の普及を超えるだろう。その間、私も進化し,i-Phon対応のブログモバイル・バージョンを作った。アプリケーションは無料で、数秒でダウンロードでき、ブログの最新ポストとYou Tube、Facebook、Twitter、それからリアルタイムにブログと私の情報が得られるGoogleニュースにアクセスすることができる。I Phoneでコメントやポストを聞いてみてほしい。アップルでは、無料ニュースのカテゴリーでbeppegrilo.it mobile がイタリア8位を占めている。アプリケーションの改善のために、提案を直接Iphoneか サイト に送ってください。

23人の読者の皆さんにお礼を言います。 あなた達のおかげで私は、このような通知を受けました。

"It is my pleasure to inform you that Beppe Grillo's Blog has been selected as an Official Honoree for the Activism category in The 14th Annual Webby Awards. As a result of the exceptional quality of submissions this year, the Academy has recognized outstanding entries as Official Honorees alongside our Nominees and Winners. The Official Honoree distinction is awarded to the top 15% of all work entered that exhibits remarkable achievement. With nearly 10,000 entries received from all 50 states and over 60 countries, this is an outstanding accomplishment for you and your team. Congratulations!

YOUR OFFICIAL HONOREE LISTING:
Your listing on the Webby site is located at http://www.webbyawards.com/webbys/current_honorees.php
".

[Beppe Grilloのブログは、第14回年間Webby賞のAttivismoカテゴリーでオフィシャル受賞者として選ばれました。今年の報道の質の高さを評価し、アカデミーは、Official Honorees として認めます。  ・・・50州、60カ国以上からのおよそ10.000件の報告があり、あなた達のチームのすばらしい成果であると考えます。おめでとうございます。]

 Webby Awards は、ネットのオスカー賞と考えられ、1996年からニューヨークの科学デジタルアート国際アカデミーによって賞が与えられています。Beppegrillo.it はMandela dayGreenpeace Get Active とともに”Activism" カテゴリーの正式な受賞を受けました。

。。。から出した。 Beppe Grillo 18:27 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2010年3月 1日

コピーライト違反を理由に削除されたトラヴァリオ

(40:29)
Mediaset_Travaglio_YouTube.jpg

先週、YouTube から マルコ・トラヴァリオのビデオ"I bertoladri" が消えた。彼の番組 Passaparolaだ。ビデオは、2日後、私のスタッフの操作の後で再び見ることができたが、You Tubeが消した理由は、「この画像はメディアセット社側のコピーライト違反が原因で掲載できない」というものだった。

トラヴァリオは自分の家で固定されたビデオカメラでインタビューを撮影し、彼の家も彼自身も、メディアセット社の所有ではない(今のところ)。言葉と国民についてのコピーライトについては、まだ法律ができていないはずである。将来的に、おそらく、インターネットに登場するためには、ベルルスコーニの弁護士、ゲディーニに許可を求めなければならないのだろう。

YouTube は、無理にビデオを削除させられた。第三者によるコピーライト違反が、自動的にその処置を起こさせたのだった。削除された人は、違反の責任を取って、それを訴えることができる。普通は、ビデオは、不正でなければ、数時間後に再度掲載される。だがこのケースはそうではなかった。数日、メール、電話が必要で、さらに、YouTubeはビデオを載せて、以下のようなメッセージを追加した。

「RTIがYou Tubeに対して行っている訴訟のローマ民事裁判所の裁判官命令によって、コンテンツIDシステムの正しい機能が働いているかどうかの評価が、裁判官に委任されたコンサルタントによって行われるようにと命令がだされました。問題のビデオの削除は、この評価の際に、You Tubeの知らないところで、起こったものです。知らせをうけて、すぐに、コンサルタントに連絡を取り解決を図りました。You Tubeは、サービス・プロバイダー、ホスティングであり、コピーライトに関する指摘の場合には、指摘のあった内容を削除することが義務付けられていることを、お知らせしておきます」

つまり、

- RTIとメディアセット、You Tubeの間で、訴訟が起こっている

- ローマ裁判所は、技師にYou Tubeのビデオ管理がどのようになっているかを調べることを命じ

- 技師は、数百万のビデオを検査し、ベルトラーゾについて話しているトラヴァリオのビデオを、You Tubeに通知せずに、削除した

- ビデオは、検査の後、再掲載されない。

- ビデオは、偽のコピーライト侵害という理由で、削除される

ひとつのビデオでいくつの法律違反があったのだろうか。私の弁護士に問い合わせてみる。
この事件の、重大な側面は、私のブログに関してではなく、数百人のブロガーのビデオ削除であり、完璧に正当なものであっても、コピーライトを理由に削除されるのが問題である。


。。。から出した。 Beppe Grillo 18:58 in テクノロジー・ネット| 解説 (2)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2010年1月 2日

ナポリターノ大統領がYouTubeに

Napolitano_YouTube.jpg
You Tubeで、ナポリターノ大統領が新年の挨拶をするという。2009年12月31日youtube.com/presidenzarepubblica チャンネルでアップされる。

民主主義的な運動だと思う。政治は国民の方へ向く。もしナポリターノ大統領が国民に向かうなら、国民もナポリターノ大統領へ顔を向けるだろう。君たちがコメントで参加し、ぬくもりを伝えたらよいと思う。アルファーノ法、国外資金持ち込み法を認める大統領は、イタリア人の愛情を必要としている。心からの言葉をかけてあげよう。このチャンネルが停止されたり、コメントが検閲されたりしたら、ということは、民主主義的なナポリターノ大統領がするとは考えられない。だからビデオを皆に紹介し、コメントを送ろう。みんなのコメントが、かならず喜ばれるはずだ。応援を送ろう。

。。。から出した。 Beppe Grillo 18:13 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2009年12月17日

もっとネットを増やし、レーガ党を減らす

ボッシ(10:00)
Bossi_il_non_violento.jpg

マローニ内相はネットに口封じをしようとしている。 ブラックリストにのっているサイトに、イタリア人がアクセスするのを制限するフィルターを設けようとしている。一方、ブラックリストは、パオロ・ロマーニによってダイレクト・ストリーミングの禁止 も検討中である。 中国でさえ、このようなことはしない。

他の国では首相を守ることが出来なかった内相は辞任しているはずだが、彼は外に敵を探させようとしている。警察の棍棒は、もやはパダーニアのシンボルである。フォンターナ広場のデモ 、ALCOAの学生たちや工員たちを殴ったのは、つい最近のことである。

300リラの弾丸のレーガ、イタリア国旗で尻を拭けるといったレーガ、ルガーノでレーガ党の4人の大臣が「イタリア国旗を燃やすのが夢」と歌ったレーガ、オンラインの教育ゲーム"密入国者を跳ね返す" のレーガは、ネットの暴力に反対する。もし100万人のイタリア人がネットで、買収者、女たらし、P2会員、マフィアの友達(すべてベルルスコーニのこと)に、馬鹿やろう、と送ったら、それは、その情報を流すマスコミのせい?それともベルルスコーニ本人のせい?

1998年7月8日、パダーニア新聞は、ベルルスコーニの資産の(マフィアに関連した)出所について 10の質問をした。おそらくパダーニアも憎しみを扇動していたのだろうか?「アルコレのマフィア」とは、ボッシの言葉であるが、彼は今日、レーガの犬に鎖をつけている主人である。マローニは、政治では否定することよりも悪いことはないというのを知っている。

ネットを増殖させ、レーガを減らそう。それは計算だ、マローニも分かっている。少ししたら、イタリア人も分かるだろう。ポー川より北でも。助けるためにパダーニア紙が掲載したベルルスコーニへの10の質問をdpfでダウンロードして、レーガ支持者にも読ませてほしい。プリントアウトしてみんなに知らせよう。これらの質問に、イタリア人たちはまだ、返事を待っているのだ。

。。。から出した。 Beppe Grillo 22:12 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2009年8月11日

Grillo168 - ネットの盾



Grillo168 -
(6:00)
grillo168-20.jpg


 今や数年前から、私の職業生活の一部となってしまった告訴の話に戻ろう。刑務所にいた社会主義者が、いつも言っていた言葉を思い出す。

「ここから出たらすぐに、お前を訴える!」、しかし、今や時代は大きく変わった。

今に比べれば、社会主義者は小さな子供のようだ。今は、信じられないような傾向がある。

信じられないことが起こりうる。殺人犯が、情状酌量か、恩赦か、何かで刑務所を出ることができて、誰かが、新聞かブログ、ネット上にある事件の事実を思い出させる記載をすると、その人は、殺人犯人から訴えられる恐れがある。そして君に損害賠償、数百万ユーロの支払いを求める。

訴えられた方は、訴える方よりも、重い刑に処される危険性がある。

 

 その殺人犯の言葉の代わりに、倒産詐欺犯人、詐欺者、マフィアを入れても、概念は変わらない。

真実を言う人が常に危険に晒されることになる。私のように、あなたたちのように、時々、真実を叫ぶと。

 

 全く変な国に私たちは住んでいる。スキファーニ(上院議長)のような男が、法律で保護され、アルファーノ(法相)が、トラヴァリオのようなジャーナリストを訴えることができる。トラヴァリオが事実をテレビで言ったからという理由で。

 

 今の時代、リスクを背負っているのは、インターネットの私たちだ。ネットだ。どんな風にして真実の口をふさぐことができる?数百万のポスト、映像、コメントがあるのに。ネットを阻止するためには、3つの方法がある。

 

 1つは、8月14、18、16日に試みが行われるが、法律の修正案だ。修正案の修正案。出版に関する法律の修正。レーヴィ、カルルッチ、ダリア議員らが試みたように。

ジェンティローニが「気がつかなかった、エルメテとテニスをしていたから」と言ったのを覚えているが、大臣たちがこのようなことに気づかないということがあるだろうか。ネットはそれに気づいて、ブロガーとともに、この発案を阻止したのだった。

 

 または、別の方法。ネットを使えないようにすること。発展途上国以下の国のように。

イタリアの3000の市には、ADSLがなく、WiFiを得るためには、大声で叫ばなければならない。サルデニア島よりも、インド洋の島の方が、はるかに高速なネットが完備されている。だから通信の分野では、ここイタリアは発展途上国だ。

 

 または、もうひとつは、名誉毀損。何かを執筆し、記事、句読点を間違えたとして、数百万ユーロの損害賠償を名誉毀損で求められるかもしれない。

これは、恐喝だ。100を撃つために1つを撃つ。告訴が行われる。この有名な告訴が。それは、金持ちが、それが出来ない人へ向けてやることだ。

政治家や、ある種の手段を有している人が、それを出来る。それを被る方は、一般的に、金銭的に問題をかかえる。

 

 今日、カモッリスタ(ナポリの組織犯罪グループ、カモッラの一員)が、自宅逮捕で、優秀な弁護士を使えば、サヴィアーノ(マフィアの実態を暴いた小説を書いた作家)を刑務所に送ることも出来る。それは信じられないことだ。

 

 民事訴訟を起こして、金を求める。私に数百万ユーロの告訴をする。だが、君がまけたら、私に百万ユーロを支払う。恐喝の目的で、告訴を使ってはならない。

 

 だから、ブロガーを守ろうと決めた。私が利他主義者か人類の慈善家であるという理由ではない。ネットが、自己防衛できるシステムだからだ。

どのように?私たちは自己防衛が可能だ。私たちは、このような弁護闘争を繰り広げる、その名前は、「ネットの盾」だ。ネット情報の内容の些細な不備のために訴えられた人を助けるための優秀な弁護士を探している。

 

 このイニシアティブの名前は「ネットの盾」で、正しい情報を介して、告訴を弁護、予防をしてくれる弁護士全員のリストを提供する予定だ。

 

 私は、告訴については豊富な経験があり、優秀な弁護士を持っている。この6ヶ月は、彼らのおかげで、誰も私を訴えていないので、私の弁護士たちは、

「もう仕事がない!」と言っているので、この経験豊富な弁護士たちを、紹介しよう。
 

私たちはあきらめない。君たち、ブロガーやネットを使う君たちは、絶対に、あきらめないでほしい。あきらめたら、君たち全員を訴えるぞ!
 アリベデルチ

 

。。。から出した。 Beppe Grillo 15:13 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2009年6月14日

改善されたネット


(3:07)
Mimun_Santoro.jpg


 通信傍受に関する法案は、ネットを閉めさせることができる。もしそうなったら、その後に起こることの責任は、政府と国会にある。ネットは、手段であり、スペースであり、メディアである。それは数百万人のイタリア人に、民主主義の変化を信じさせることができた。国民であって隷属者ではないと、幻想を抱かせることができた。ネットなくして、首相とその友人、マフィアの手中にあるテレビと大多数の新聞では、この国は、管理のきかない独裁と予測の出来ない社会的結果へ向かって、進んでいくだろう。
 情報サイトの管理者は、要請があってから48時間以内に、ポスト、コメント、情報、すべての公の掲載内容の改善をしなければならに。ブロガーの側の申請ではなく、ニュースグループ、情報サイト内容の共有プラットフォーム、誰であろうと「情報サイトの管理者」とみなされれば、1500万から2500万リラの制裁措置が課せられる。すべてのブログ、これも、あれも、すべてのコメント、YouTubeのビデオ、写真に改善が求められる。公的情報があればあるほど、多くの改善が求められる。コメントをニックネームで出した本人自身が本人の名前公表を求めるケースもありうる。これは意味の無い法律で、作成した人は、インターネットを知らないか、口を封じたいのだろう。マルティネッリやバイオブルのような自由な情報提供者のブログは、最初に罰金を支払わせられた挙句に閉鎖させられるだろう。それから数千のブロガーもそれに続く。48時間以内にブログ内容を改善するためだけに、10人を雇わなければならない。たぶんそれでは足りないだろう。1年で多分、罰金を数100万ユーロ支払わされるだろう。中国やミャンマーにも見られない、表現の自由を無視した法案だ。これが可決されれば、イタリアのブログは死んだようなもの。もし可決されたら、この法案に署名した人、賛成に投票した人、連署した人のことは忘れないだろう。 ネットは、初心者のダンスではない。クーデターを仕掛ける人は、それに気づくだろう。彼らはあきらめないが、私たちもあきらめない。

情報の条項を読む

。。。から出した。 Beppe Grillo 13:38 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2009年3月11日

ガブリエッラ・カルルッチの法案

カルルッチ法とネット管理
legge_Carlucci.jpg

 レーヴィカッシネッリダリア 各法の後は、カルルッチ法案が登場か。 議会では、議員を使ってあらゆる法案を出してきて、インターネットを支配下に置こうとしている。誰が法案 を作るかは、問題ではない、インターネットの専門家でないほうが、よいようである。ネットについて何も知らない方が、さらによい。知っている人が相手なら、議論の余地はあるが、何も知らない相手には、どうしようも無いからだ。外から見ると、無知な二人が、わけの分からないことを口走っているようにしか見えない。
 毎週のように、インターネットを管理し、消滅させるための新たな試みが出されている。それで、毎週、反論し、説明し、説得し、比較し、告発しなければならない。それはひどいことだ。100万人の失業者がいるというのに、議員たちは、唯一存在している我々の情報手段の検閲を適用させることばかり心配しているようだ。PDLのカルルッチ議員は、その法案は、だれであろうと、ネット上に、匿名で、どのような内容であれ、掲載することを禁止したいというものである。ダリア法案は、司法を介さずに、容疑だけで、インターネットのサイト閉鎖を内務省が出来るよう提案する。カルルッチ法案は、テレビ局の利益を守るため?
 壁の落書きの犯人は追跡できなくても、ネットの落書き犯人は追跡できる。IP で、たいていの場合警察は、犯人の身元を確認できる。ピサヌ法 は、WiFiに接続する人に対して身分証明書の提示を求める。New Yorkや、ロンドン、パリ、マドリッドの公園では、複数のWi Fiに、ベンチに座ったまま、または芝生に寝転がったまま、接続できる。イタリアは唯一、インターネット接続に政治的に介入のできる国だ。中国やミャンマーでも、他の国では、できないだろう。インターネットに接続するイタリアの家庭数は、昨年、減少した。多くの市町村では、ADSLが設置されておらず、接続ができても、速度は遅い。インターネットを、学校や公的行政機関に普及させる代わりに、もう技術的に古くなってしまった地上デジタルに数十億を投資した。
 この法案が承認されたら、私は、EUに、国民の権利侵害として告訴するつもりだ。

。。。から出した。 Beppe Grillo 20:54 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2009年2月 7日

服従は、もう美徳ではない


video_don_milani.jpg

 「服従は、もう・・・」についてのビデオ

ドン・ミラーニ。服従は、もう美徳ではない。

 上院は、UDC党の上院議員、ダリア氏の修正案で、インターネットのサイトを、フィルターにかけることを承認した 。 もし、将来、あるブロガー正当でないと思われる法律に従わないように、提案したら、プロバイダーは、そのブログを停止させなければならない。正当とは考えられない法律は、実は、多く、毎日ひとつ、生まれている。まず、アルファーノ法、そして最近できた法律では、病院に来た密入国者を医者が通報しなければならない。ダリア(D'Alia )法は、どんなサイトであろうと、外国であろうと、そんなサイトがみつかったら、プロバイダーにサイトを停止することを強制する。つまり、兵士を国境に配備するかわりに、サーバーを配列させるようなものだ。
この法律を前にして、唯一の回答は、 礼儀正しく抵抗することだけだろう。
彼らはあきらめないが、私たちもがんばろう。

«Art. 50-bis条項. インターネットでの犯罪幇助や賛美の活動の抑制(本文略)

"ベッペさま,
 少し前から、政府の立法行為に関する情報に、正当ではない法律を遵守するのは正しいことなのかと、自問するようになりました。少数の人の人権を保護し、多くの人の権利を侵害するために交付された法律。
 今の時代、そしてこのような考えが、私の頭をよぎるとき、 ドン・ミラーニ の40年以上前の言葉に、著しい現代性があることに気づきます。みんなの意識を、再度揺り動かす必要があると思います。服従は、もう美徳ではない。1965年、祖国を守るための唯一の戦略としての軍隊の使用について議論が起こりました。今日、我々に課される正しくない法律を、良識と確固とした論証で批判し、判定することのできる新たな意識反対者を復活させる必要があると思います。フィリッポ

"[...] この手紙では、福音書に言及したいと思いません。イエスが暴力に反対していたこと、そして自分自身については正当防衛さえ受け入れなかったことを示すのは簡単すぎます。
 それよりも憲法について、考えたいと思います。
第11条 「イタリアは、他の国民の自由を損害するための手段としての戦争を放棄する」
第52条 「国防は、国民の聖なる義務である」
イタリア人がこの1世紀の間に参加せざるを得なかった戦争について、この尺度で測りましょう。我々の軍隊の歴史が他の国への攻撃で作り上げられたものだとしたら、その場合、兵士らは服従しなければならないのか、それとも反抗すべきなのかを明らかにしてほしい。そして、祖国と祖国の名誉を誰が最も守ったのかを説明してほしい。つまり、反対していた者なのか、服従して祖国を文明世界全体に憎まれるようにした者なのか。大言壮語の一般論はもうよろしい。実践に戻りなさい。何を兵士たちに教えたのか、正確に言ってください。 絶対服従?一般市民への爆撃、無防備な村への復讐行為、パルチザンの簡単な処刑、原爆、細菌爆弾、化学爆弾の使用、拷問、人質の処刑、単なる容疑者に対する略式裁判、10人ごとに一人を選んで殺すこと(祖国兵士の誰かをくじで選び、その他の兵士たちの恐怖を呼び覚ますために射殺すること)、明らかに暴力的戦争、主権者である国民に対する反抗的な将校の命令、市民デモの鎮圧が命令だとしたら? [...]" ドン・ミラーニ

Ps: ダリア上院議員の修正案に、改善案のある人は、以下のアドレスに、メールを送ってくださいdalia_g@posta.senato.it


。。。から出した。 Beppe Grillo 09:32 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2009年1月16日

ミネルヴァ

video_tremontishow.jpg
トレモンティ・ショー

ミネルヴァ
韓国のブロガーニックネームで、韓国当局に逮捕され、偽の経済情報を流布したかどで7年の刑を受けるかもしれないという。ミネルヴァは、その予測で、週刊誌 "The Economist"にオンラインのノストラダムスと命名された。 9月韓国のポータル  Daum上に リーマンブラザーズ銀行倒産を、その数日前に記載し、10月韓国通貨Wonが米ドルに対して引き下げになると書いた。それはその後26%の損失になった。この数ヶ月韓国の李明博大統領と経済相はミネルヴァの身元を捜索した。平穏な経済テロリスト。ミネルヴァが知り、政府が無視するのであれば、仮説は二つだけだ。政府が無能であるということ、または政府が無視したがっているということ。ミネルヴァは他にも 韓国の未来について予測をしている。全然元気が出ない予測だ。彼は韓国の株式市場の上位企業の株価は半分に下がるだろうと予言した。不動産も同じ。ミネルヴァの最後の記事は、韓国当局が金融界に対してもうこれ以上米ドルを買わないように指示する決定をするだろうというものだった。政府はこの情報を否定し、ミネルヴァは身元が明らかにされ、逮捕された。

Minerva.jpg
ミネルヴァ、写真:The Irish Times

ミネルヴァは、最近大学を卒業したばかりの、韓国当局によれば、普通の無職の無収入の男性ということだ。
まあ、冷や汗が出る。パルマラットのために私は何年の刑になる? タンツィについては何年? テレコム株の急落でトロンケッティは10年や20年の刑になる?7月8日のナヴォーナ広場で予告した銀行倒産について、私を島流しにする?
まあ、リスクは大きすぎる、韓国人はブログで経済予測をしたら刑務所行きだという話を広めたら、私も終わりだ。例えば 国債BOTは価値が無い、インフレ率の3分の1しか実質の利子は付かないとでも言おうことならどうなるだろう? トレモンティ大臣が国債を売れないと言ったら、どんなことになるやら? 2009年に失業者が200万人増加すると言ったら? 財政赤字は破裂、市町村は破産と言ったら、どんなことになるだろう。 言わなかった、否定する。今後、私のことをメルクーリオと呼んでください。


。。。から出した。 Beppe Grillo 08:34 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年12月17日

テレコムとカスター将軍


ポルトガル語、イタリア語またはスペイン語の字幕を見る

 フランコ・ベルナベは約1年前からテレコムを率いている。その間に株価は1ユーロを割り、ベルバベは9.000人の解雇を 発表した。労組はほっとした、というのも予測は2万人だったからだ。解雇された人の中にナポレトーネ・ルシアーニ はいない。彼は、Tim ブラジル社の将来の社長のはずだ。彼はブラジル人役員への話を準備している。その話は、アレクサンダー大王の話ではなく、カスター将軍についてである。
 ベルナベの年、イタリアの情報通信システムは、誰にも追い越されない世界記録をなしとげた。インターネットの歴史始まって以来初めて、国のインターネットアクセスする家庭数が減少した。熱力学の法則に反するようなことだ。 ヨーロッパの国はみな我々を追い抜いていく、イタリアの下位にはギリシャ、ルーマニア、ブルガリア(すべて増加中)がいる、しかし失望しないようにしよう、もっと下がる可能性もある。ADSLが普及していない市の数は多く、それらはテレコムが提供しない。その理由は儲けが少ないからである。WiMaxの普及はまだ。テレコムは基本料金 を取り消す代わりに値上げをし、政府は何も意見しない。ベルナベと現在の株主たちは、会社から金を巻き上げたトロンケッティ、ブオラ、ルッジエーロとその仲間に金を返すように要求しなかった。ベルナベと現株主たちは、タヴァロリ に忠実に、傍受事件に関してそれ以前の経営管理について何も言わなかった。その代償は、常ながら客が(契約料で)、小口株主(株で)、労働者(解雇)が払う。
 次のテレコムの総会には私も参加する。ベルナベはトロンケッティのようなことをしないで、返答をしないために病気になったりしないで、出席してください。必要なら数日前に質問を届ける。テレコミュニケーションの成り行き任せのせいで、国は発展しなかった。サービスと、他の競合会社のサービスのアクセスを同時に管理する会社に、市場があるはずがない。 それは薬の効いた状況で、専売である。サービスとバックボーンは分離すべきだ。
 ベルナベはテレコムの価値を壊したのが誰かよく知っているはずだ。その責任者の、政治家ら、実業家らの名前を知っている。彼らの仕事を完成しないで、彼らを訴え、彼らの経営の不備の損害賠償を求めてほしい。(証拠はあるはずだ)テレフォニカに売って (遅かれ早かれそうなるだろうし)、引退してはどうか。


。。。から出した。 Beppe Grillo 07:12 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年11月14日

フリー・ブロガー

 

beppe_free_blogger.JPG

 オバマが選挙に勝ったのはネットのおかげでもあった。オンラインで選挙資金10億ドルを集めた"A campaign powered by people, not the special interests"。 これは人々が資金援助した選挙キャンペーンであり、一部の利権者による資金援助ではなかった。
 トーポ・ジージョ・ヴェルトローニは、オバマ(ベルルスコーニの「日焼け」は最低の皮肉だった)と似ている点で、イタリア国民をうんざりさせたが、その後ネットに手をかそうとしている。ブロガーは要注意。

obama.jpg

 トーポ・ジージョはスパイウェアよりひどい、ウイルスである。彼がPD党の議員Franco "Ricardo" Leviに委任し、彼が下院の文化調査委員会に提出したLevi/Prodi法修正案は、いわゆる "ブロガー殺し"法案であり新しい条項が加わりLevi/Veltroni と名前を変えた。
要するに、
- すべてのブログは出版物と同等とみなされる。
- GoogleのAdsense またはバンナーをつけたすべてのブログは、税務署に報告をする。
- すべてのブログはROC (コミュニケーション・オペレーター登録)に登録しなければならない
- すべてのブログは出版に関する犯罪の規則の責任の対象になる。
- ROCに登録しないすべてのブログは、2年の刑と罰金で出版密売の罪で訴えられることがありうる。
 ブロガーは ROC登録するかどうか選択できるが、民事、刑事的に訴えられる恐れがある。
 委員会 はこの法案の審議を近いうちに開始する。ネット側からの支持が審議の決定に役立つであろう。

 "FREE BLOGGER"の写真を送ってください。:
こちらにメールを送ってください freeblogger@beppegrillo.it :
- 件名: 君の名前
- テキスト: 君のブログのアドレス
- 添付: 君の"Free Blogger"の紙をもった写真
写真はブログの上のバーに出ます。

。。。から出した。 Beppe Grillo 15:31 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年11月 6日

情報の砂時計

 

video_obama_lobby.jpg
 バラク・オバマはロビーの金を受け取らない。

  イタリアの新聞社は国から年間 100万ユーロ を受け取っている。大学への予算を削り、新聞の報道局長へ金を贈るのだ。その新聞社のリストは長い。しかし我々の税金から、彼らに、いくら払われているのだろうか。出版社の言論の自由は、税金を払う工員や年金者のおかげで可能となっているのに、それを国民は知らない。昔なら新聞社は情報の自由を主張できただろうが、今はただ誤情報の自由。ジャーナリストは我々にとっては単に主人の考えを述べる召使にすぎない。企業は倒産するのに、なぜ新聞社Il RiformistaLibero は国から資金供与を受なければならないのだろうか?
 だがやっと良いニュースが届いた。新聞は死にかけている。紙のコスト、編集のコスト高、広告収入の減少、オンラインで新聞が読めることで徐々にニュースは新聞からネットに移っている。それは止めることのできない砂時計だ。アメリカ第一の全国日刊紙が閉鎖し、ネットに移動するという。それがこの数日のニュースである。ボストンの“Christian Science Monitor” 。100年以上の歴史を持ち、Pulitzer 賞受賞者7人がいる。その他の新聞もそれに従うだろう。New York TimesWall Street Journal も二年以内にネットに移るだろう。その間、ネットのおかげで直接選挙民から得たオンライン選挙資金10億ドル、平均一人100ドルで、オバマが選挙に勝ち、彼はブッシュを支援した武器や石油ロビーへではなく、直接国民に対して返事をするだろう。フィアット、メディアセット、ベネトンへでもなく。
 オンラインで規則は変わっていく。The Huffington Post はアメリカで最も影響力のある政治ブログである。日刊紙やテレビ局よりももっと影響力がある。それは42人のジャーナリストだけからなる組織で、アクセス数、読む人が多ければ多いほど広告収入が増える。うその報道をしたら、誰でもネットで否定できる。
 イタリアのインターネットのオンライン日刊紙は、どこも同じだ。corriere.it、repubblica.it、la stampa.it、それぞれどこに差があるだろう? 社名?それは、まるで多くの洗剤の商品名のようだ。 中身は違っても、オーナーは同じ。


 

。。。から出した。 Beppe Grillo 12:39 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2008年11月 3日

二つのイタリア

 

video_gelli_tv.jpg

Odeon Tvのジェッリのインタビュー

  この国は、情報格差のデジタル・ディヴァイドの重症にかかっている。 国は二つに別れ、一方はネットから情報を得る人々、もう一方は新聞とテレビから誤った情報を得る人々である。
 ある国では、インターネットは、その他のメディアと同様、国の管理下に置かれ、国民は同じことを知らされている。別の国では、情報もネットも自由で、国民は両方から情報を得る。イタリアは世界で唯一のケースで、新聞とテレビは国に管理され、ネットはまだ管理下に置かれていない。
 数百万の人が異なった二つの現実に生きている。家の中でも分かれ、同じ家族でも祖父母はヴェスパ(政治討論番組のジャーナリスト)を信じ、孫はまったく信じない。それは健全な状況ではない。時間がたてばたつほど、この二つのイタリア 間のコミュニケーションの難しさは、互いの気短しさとともに増加する。ネットはしかし二つの武器を持っている。ネットをよく知っている若者 (年寄りは彼らより先に死ぬだろう)と、古いメディアの広告に辟易していることだ。メディアは広告収入がなければ閉めざるを得ない。今後はそうなるだろう。新聞、テレビのスペース広告は一年以内に大幅に減るだろう。その一部はネットに移るが、ネットは、でたらめでは管理できないスペースである。彼らはそれを知っている。それで神経質なのだ。
 コンファロニエーリ (メディアセット会長)は、メディアセットの公開買い付けに関して、ジャーナリストに私の名前を出した が、大丈夫だ、まだ私が株を買う時期ではない、もっと暴落してから買うことにする。本質的には広告を売る会社、メディアセット社の株価が1ユーロ以下になったら、そのときに話し合おう。 その間に私はネット・ユーザーにアピールしたい。コンファロニエーリ会長を援助し、Mediaset の番組の一部をYoutubeに流さないようにしよう。 それは違法だ。ネットに違法に挿入したメディアセットの番組を消去するのは当然正当なことである。メディアを汚さないようにしよう。
 大手3大出版社は新聞情報を管理している。その3社とは、ABIと産業連盟が所有しているRCS 社(コリエレ・デッラ・セーラ)、ベルルスコーニのグループのMondadori社、デ・ベネデッティのEspressoである。
この会社の株価 は今年のはじめからいくら下がったか:
- RCS - 54,84
- Gruppo l'Espresso - 60,97
- Mondadori - 51,78

良い傾向である。政治が及ばなくても経済がはたらく。


。。。から出した。 Beppe Grillo 12:24 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください

2007年12月27日

アンナ・ポリトフスカヤ "Woman of the Year"

Putin_Stalin.jpg
タイム誌の「今年の人」にプーチン大統領が選ばれた。それには多くの人が困惑したが、第2位、第3位にlo Yeti と 超人ハルクがつけていたことを誰も知らないだろう。だが選択の余地なく、元KGBの大佐が選ばれたのである。そのような前例は実は前にもあった。1939年タイム誌はナチと同盟を組んでいたスターリンを称えた。反動主義者の将校から解放するためとしてポーランドを武器で占拠した元神学生を。その前年にタイムはアドルフ・ヒットラーを「今年の人」としていた もしタイム誌がプーチンを選ぶ、このブログは "Woman of the Year"としてアンナ・ポリトコフスカヤを称えたいと思う。彼女は2006年10月、モスクワで殺害された。 プーチンに対する彼女の評価をアデルフィ刊「プーチンのロシア」から以下に引用する。
"プーチン - 秘密警察のうちで最も不吉な男 - は彼の内に生きるKGBの中佐を完全に取り去ることができなかった。だから自分の同国人の自由への愛好を立て直したいと言い張るのである。そしてそれを、すべての自由の形で、窒息させる。それまでの彼の先人が行ったように …。 ブレジネフはもっとひどかった。残忍なアンドロポフは民主主義のニスの下で、チェルネンコは白痴だったし、ゴルバチョフはあまり気に入らなかった。エリツィンは時々我々に十字架を切らせたが、それは彼の決定が及ぼす影響への恐れからだろう。彼らのボディガードの一人だった男、VIPの行列が通り過ぎる間、傍らで直立不動でいる役割だった男、そのプーチンが、クレムリンの部屋の赤い絨毯の上を堂々と歩むだろう。磨いたばかりのツァーの黄金の瞬きの間を、その館の主として。一方支配下に置かれた使用人たちは微笑み、彼の仲間たち - 全員がKGBの大したことのなかった元諜報員で重要な役割にありついたと-は胸を張る … プーチンはしばしば、独裁の概念自体を理解していないことを示した。「政治的ディベート」も言わずもがなである。つまり上にいるものは下のものと話し合いをしない、もし下の者が話し合いを求めようものなら、その者は敵となるのである。プーチンがそのように行動するなら、彼が独裁者か生来の君主だからそうするのではなく、そうせよと教えられたからである。それがKGBが彼に教えたカテゴリーであり、彼自身それを理想と考えているのである。それを何度か表明したように…。そのため選挙前のディベートを拒否し、それが彼の環境ではなく、対話には参加することができないし、対話を守ることも知らない。彼のは独白の技術であり、規範はミリタリーのそれである。つまり下の階級には、無言を強制? 階段の頂上に立った今、話すのではなく、独白をするのである、他の者は私に同意を示せ"というわけである。 アンナ・ポリトコフスカヤ

。。。から出した。 Beppe Grillo 09:02 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください| トラック・バック (0)

2007年12月23日

良いニュースは君たち自身だ

interviste_staff_ida_EN.jpg
YouTubeGoogle VideoQuickTime 56k3GPiPod VideoAudio Mp3

良いニュースがないので、ブログが自分で提供することにした。良いニュースは君たち自身だ。君たちはすばらしい。みんなにキスをしたいぐらいだが、こちらからはできないので、私の写真にキスして欲しい。カセッレ・トリネーゼのイーダとクリスタル、仕事のない母親と治療が必要な女児のために、仕事と 90.000 ユーロを。イーダはカゼッレの学校とクリスタルが治療している病院の近くに、まだ仕事がみつからないが、ブログを介してきっと何かみつかるだろうと期待する。カセッレとその付近の企業家たち、 “頭を上げてください”。イーダはインタビューに答えて、「市は麻薬中毒から治った人や元犯罪者に優先して仕事を与えている」と訴えている。まったく、それなら議会と同じではないか。議会と姉妹都市協定を結んだらどうだろう。 イーダがコカイン常習者か銀行強盗犯人だったら、もう正規採用になっているかも、議会みたいに。法律第 104号は彼女を保護しないし、運動能力に重症な問題のある女児をもつシングルマザーを正社員として雇う企業もない。イーダはみんなに手紙を書いたが、ブログ以外、誰からも返事がなかった。政治家、大統領府、トリノ市長、カセッレ・トリネーゼ市長、みんなが国民、市民、もっとも弱い人たちから、彼らの問題を解決するのが仕事で給料をもらっている人たちだというのに。沈黙と税金からもらっている給料。沈黙と税金からもらっている給料。 ありがとう、みんな、ありがとう。特に、クリスタルに。 インタビューの文章を読んでほしい。 イーダに仕事をくれる人は、このメールに連絡先とコメントをください。 寄付を希望する人は、以下の口座にお願いします。 Causale: Ida e Kristal Conto bancario intestato a Beppe Grillo ABI 05018 CAB 12100 c/c 116276 Swift: CCRTIT2T84A Iban: IT35B0501812100000000116276 CIN B BANCA POPOLARE ETICA

。。。から出した。 Beppe Grillo 08:52 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください| トラック・バック (0)

2007年12月20日

Free Tibet

Dalai_Lama.jpg

ダライ・ラマにミラノで個人的に会う光栄を得た。ローマ法王は彼を受け入れず、ナポリターノ大統領もしかり。プローディ首相は行方不明になり、ダレーマ外相は外務省に彼を招待しなかった。上下院議会は彼のことを公式な来賓と考えず、モラッティ、ミラノ市長だけが、慎重をきして会うことは会うが、目立たないように、他のノーベル賞受賞者とともに会うことになっている。修道女のふりをして、自分のことを分からないようにして会うのだとか、そんなことも言われている。フォルミゴーニ、ロンバルディア州知事だけが公式に会見をする。臆病さの勝利である。ダライ・ラマはノーベル平和賞受賞者でもある。チベットの仏教徒の精神的指導者、チベットの最高権威者であるだけでなく。 中国が共産主義だけだった時には、ダライ・ラマは万人に受け入れられたが、今超資本主義の中国ではダライ・ラマは疎んじられている。金の神様がイタリアの神の間で最も力が強いのである。それを崇拝する寺院はイタリアのあらゆる市の中心街に存在し、それが新しい教会なのである、つまりそれは銀行、保険会社というわけだ。 世界で最も重要な人物の一人である彼が、教会で犬のように扱われている。産業連盟は救われ、イタリアはそれより少しましである。中国の資本主義と我々のそれの間にどれだけの違いがあるのか?あるとすれば、ひとつだけある、それは彼らの国では死刑は明白であり、銃殺があるが、我々の国では、孤立させる、名誉を傷つける、転勤させるだけである。もし必要なら殺すだろう。良い独裁というのか、殺人は、ただし最後の手段である。

。。。から出した。 Beppe Grillo 09:01 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください| トラック・バック (0)

2007年12月18日

ニューヨーク・タイムズ紙が見たイタリア

New_York_Times.jpg

ニューヨーク・タイムズが今日、イタリアの問題とV-dayに関する記事を掲載した。サイトには長い記事とビデオと写真が載っている。そのタイトルは“A life less dolce” (ランクダウンした甘い生活) 記事は “In a Funk, Italy sings an Aria of disappointment”とある。 “ロー・テクノロジーの生活モデルはツーリストを魅了するかもしれないが、インターネット利用とネット販売はヨーロッパでも低い方である。月給もしかり、外国からの投資、経済成長も同様である。一方、年金、財政赤字、自治体の公的支出は高いほうに入る。 後者のデータは、イタリアが高齢社会で、貧しい国であることを示している。司教が貧しい人への無料の食事提供を増やすよう提案したほどである。20歳から30歳のイタリア人の70%が、両親と同居し、独身時代が長引き、収入も少ない。頭の良い気の利いた人たちは、1世紀前に貧しいイタリア人がしたように、イタリアを捨てていく。 ロナルド・スポーリ米国大使は40年前からイタリアを良く知っているが、イタリアはその国際的役割が減りつつあり、ワシントンとの関係も希薄になっていると警告している。アメリカにとって最善の友はビジネスパートナーであり、イタリアは重要な国の中に入っていない。官僚的で不透明な規則が2004年の米国の投資を169億ドルどまりとさせている原因である。スペインは一方、493億ドルの投資を受けている。 デンマークでは、64%の国民が議会を信任しているが、イタリアでは36%である。イタリアの家族のうち11%が貧民層で、15%が月給だけでは月末まで持たないと嘆いている。 こんなふうに、世界は我々をみているのである。ブログを見ている人たちはずいぶん前から知っていることばかりだが、国際レベルの紙面に書かれているのを見ると勇気づけられる。 明日、私は10時30分にローマの上院議会を訪れ、フランコ・マリーニ上院議長に国民の法案「清い議会」を求める署名を提出する。ジュゼッペ・ザナルデッリ通りを自転車で、書類の箱をもって行くつもりだ、その後、サンタゴステオイーノ通り、リナッシメント通り、サンタ・ジョヴァンナ・ダルコ通り、ドガーナ・ヴェッキア通りを通っていく。フランコ・マリーニ上院議長に、出来るだけ早く上院でこの法律が審議されるよう頼むつもりである。 Stay tuned.

。。。から出した。 Beppe Grillo 10:09 in テクノロジー・ネット| 解説 (0)
| 書いてください| ブログに登録しなさい | 友達に出してください| トラック・バック (0)