ベッペ・グリッロのプロフィール

 


ベッペ・グリッロのショー

ベッペ・グリッロは、1948年ジェノヴァ生まれ。地元の店で自らの才能を発揮していたが、ミラノの国営放送RAI(ピッポ・バウドもいた)委員会のオーディションのときに、即興モノローグで大成功を収め、テレビ番組に出演するようになる (『Secondo Voi』 1977-78年 『 Luna Park』 1979年)。社会風刺のモノローグで、それまでの伝統的なテレビの定型的なスタイルに変化をもたらした。

1979年、「 Fantastico」というテレビ番組の最初のシリーズに登場、その後数年継続する。 そして、いろいろな国家的人気テレビ番組に参加する(FANTASTICO、DOMENICA IN、FESTIVAL DI SAN REMO)。その後、エンツォ・トラパニ監督の『Te la do' io l'America』(1981)、『Te lo do' io il Brasile』(1984)に出演し、テレビカメラを持って訪問した様々な国の慣習や伝統を紹介する旅行日記が放映された。 その後、様々な番組 (Fantastico, Domenica In, Festival di Sanremo)に出演し、数分間のパフォーマンスで高い視聴率を得るという快挙をなし、サンレモ・フェスティバルのモノローグでは実に2200万人の視聴者を記録した。 彼のパフォーマンスのやり方は、さらに強烈、辛らつとなり、単なる社会慣習の風刺から、重要な社会政治問題に関するテーマを取り上げるようになったが、テレビ局の幹部はその危険性を懸念しながらも、番組に登場させていた。

1986年に有名なヨーグルトブランドのためにCMを作った。このCMでCMの伝統的な基準を変え、たくさんCMの賞を取った(CANNES賞、ANIPA賞、ART DIRECTOR‘S CLUB賞、SPOT ITALIA PUBBLICITA’ E SUCCESSO賞、TELEGATTO賞)。 テレビでの仕事とライブショー以外、映画の世界でも仕事をした。この次の映画を作った:“Cercasi Gesu’”(1982年、L. Comencini監督、Donatello賞)、“Scemo di guerra”(1985年、D.Risi監督、Cannesフェスチヴァルに参加する)、”Topo Galileo”、 スクリプトとシナリオはグリッロさんとベンイ著者と一緒に書かれた (1998年、Laudadio監督、Rio de Janeiroフェスティバルにも参加する)。

1990 年に六回でTELEGATTO賞を取った後、テレビを辞め演劇の世界で仕事を始める:その時からバラエティーや、テレビニュースやワイルドなショーや論戦などを見捨ててくる。演劇でのデビューは“Buone Notizie”だった。演劇の世界の中で大成功となる。

1991年で、ベッペ・グリッロさんテレビで最後姿を見せた3年後、Abacus (イタリア政府テレビ局)のタレントについての世論調査をした:グリッロさんはテレビ番組に参加しなかったのに、一番人気演劇役者だった。 1992年で新発展の内容のリシタルで舞台に帰った。グリッロさんの風刺の新目的はもう政治の世界ではなくて、現在の経済や環境や健康や社会などの悪いところになってくる。

1994年でグリッロさんは二つのショーでテレビに帰った:ショーの主要なテーマは経済と144番での電話いたずらの批評だった。グリッロさんのショーは1500万テレビ視聴者でテレビ番組の中で記録を破った。 グリッロさんは新聞記事も書いた:“Corriere della sera”新聞に経済についての記事を書いた(“Grillonomics”)。この記事にノーベル賞設定者Modiglianiさんが答える。“Repubblica”新聞に健康についての記事を書いて、Umberto Veronesi健康大臣が記事に答えた。

1995-96年~ 1995年の“Energia e Informazione”(エネルギーと通知)ツアーは60町以上で行われた。いろいろなスタジオで40万人以上をあつめた。このショーはエネルギーと通知のパワー集中の批評だった。グリッロさんは人に二者択一を迫る:普及した電気のマイクロジェネレーション、エネルギー効率と革新的なエネルギー。旅の間グリッロさんと共に、水素の飛跡と太陽光エネルギーのスイスの発明者もいた。グリッロは、ショーの間ステージ上で一場面の水蒸気を一呼吸し、多大に政治にも関与する。 このショーは、ベリンゾーナタウンで記録された。そしてTSI Canton Ticinoから放送された。1996年1月10日の番組で伝えられる前にRAIチャンネルは自らこの番組を取り消した。

1995年1月15日、コロニアシティのWDRチャンネルは、グリッロの叙述「KOMIK KONTRA KONSUM」についての記録作品を放送した。イタリアでは放送されていない。

1997年は“Cervello” (頭脳)ショーのツアーだった。グリッロさんは短いショーでEWS(Elektrizitatswerken Shonau)の落成パーティーに参加した。EWS会社の目的は:核エネルギーの放置、エネルギー能力,回復できるエネルギー、コ・ジェネレーション、マイクロ・ジェネレーションだ。

1998年は“Apocalisse Morbida” (やわらかい天啓)ショーのツアーだった。その時はグリッロさんがイタリアテレビに顔を出していなかった5年の後、Telepiu’テレビと共同を始めて、”Discorso all’umanita’”(人間性の会話)でまたテレビに出ることになった。このショーはTelepiu'テレビから正月に放送された。 グリッロさんはTSI(イタリアンスイステレビ)に”Un Grillo per la Testa – 生能学のリュックサック・帰れない点”ドキュメンタリーを出す。これはCanavese Inernational Ecofilm Festivalで“Gran Paradiso賞”を取った。ドキュメンタリーはコミックな話と環境とエネルギーの専門家の見解をよく混ぜている。まだイタリアに出していない。現在VHSでMissionaria Italiana出版社から出版されている。(http://www.emi.it/)

1999年は“Discorso all’umanita’” (人間性の会話・二回目)が、Telepiu'テレビから正月に放送された。TSI(イタリアンスイステレビ)のために”Un futuro sostenibile /支えられる未来“ドキュメンタリーをやります(Enea1999・支えられる発展賞)。ドキュメンタリーは“ 支えられる未来と生能学の改革可能性と毎日のヘルシーな生活について”のヴーぺルタール大学の研究からヒントを得る。まだイタリアに出していない。現在VHSでMissionaria Italiana出版社から出版されている。(http://www.emi.it/)

2000年は“Time Out”ショーのツアーで、“Discorso all’umanita’” (人間性の会話・三回目)が、Telepiu'テレビから正月に放送された

2001年で“La grande trasformazione” (大きな変化)ショーのツアーで、“Discorso all’umanita’” (人間性の会話・四回目)が、Telepiu'テレビから正月に放送された。

2002-2003年で-“Va tutto bene” (全部大丈夫だ)ショーのツアーだ。

2003-2004年は-“Black out – Facciamo luce” (停電だ-電気をつけましょう)ショーのツアーだ。このショーでグリッロさんは9月28日の国家的な停電を説明する。(http:/ /www.internazionale.it/pagine/barattolo/Grillo_tabella.pdf) “Internazionale”雑誌に規則的に手を貸しながら、ショーの一番いい書物を抜粋する。(http:/ /www.internazionale.it/Firme/)

2005年はwww.beppegrillo.itというブローグを発表する。毎日このブローグは16万人から訪問されている。 “Beppe Grillo.It” ショーのツアーでイタリアの60町に滞在する。 “Time”新聞はグリッロさんをヨーロッパの英雄の名簿に入れる。

2006年は“Incantesimi”ショーでツアーだ。 議員総選挙後、グリッロさんはロマノ・プロヂさんというイタリア閣僚評議会議長と会う:第一の選挙というドキュメントをプロヂさんに出す。

2007年は“Reset”ショーでツアーだ。始まる前に満員になった。